スポンサーリンク

山手線の五輪ラッピング車両(オリンピック電車)の時間とおすすめの撮影駅

山手線の五輪ラッピング車両(オリンピック電車)の時間とおすすめの撮影駅 オリンピック

こんにちは!

東京オリンピックまであと1年となり、いろいろなプロジェクトがオープンになってきましたね!

そのなかのひとつ、JR東日本山手線の五輪ラッピング車両が本日7月24日から運行開始しました。

スポンサーリンク

山手線に五輪ラッピング車両が登場!

JR東日本は2020年東京五輪開幕まで1年の24日から、山手線で大会マスコットの「ミライトワ」「ソメイティ」を描いたラッピング車両の運行を始めました。

本日7月24日から来年9月までの予定です。

車両のイメージはこんなかんじだそうです!

車内はこんなかんじ。

スポンサーリンク

山手線の五輪ラッピング車両はの時間や乗り方は?

東京都は五輪・パラリンピックに向け交通混雑の緩和を図ろうと、時差通勤を呼び掛けており、ラッピング車両も午前6時台に大崎駅を出発する臨時列車で登場しています!

車両にはマスコットが、五輪・パラの計72種類の競技に挑むポーズが描かれているそう。

JR東日本は今後、五輪へのムードを盛り上げようと、東北、秋田、上越、北陸、山形の各新幹線や、大会会場最寄り駅を通過する在来線でも順次、ラッピング車両を投入していく予定です。

現在、大崎発6:15、7:20、8:28、9:35の山手線がラッピング電車になっているそうですよ!

おすすめの撮影駅は、

外回り→東京、新橋、浜松町、({大崎})、渋谷、新宿、(池袋)駅

内回り→東京、新橋、浜松町、(大崎)渋谷、新宿、(池袋)駅

※ {}内の駅は大崎駅2番線から

※ ()内の駅は始発時のみ

これらの駅はホームドアがないためきれいに撮れるそうです。

2018年の山手線の五輪ラッピング車両

JR東日本は、東京2020まであと2年!ということで2018年夏にラッピング電車を走らせていました。

そのときはこんなかんじの電車でした!

今回はどんな車両になるのかたのしみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました