スポンサーリンク

須田優美(弓道日本一)のプロフィールや経歴(めざましキラビト)

須田優美(弓道日本一)のプロフィールや経歴(めざましキラビト) スポーツ

こんにちは!

7月19日のキラビトは弓道団体戦で日本一になった須田優美さんが出演されますね。

今日は須田優美さんの経歴や、弓道についてまとめてみます。

スポンサーリンク

須田優美さんのプロフィール

名前 須田優美(すだゆみ)さん

出身校 千葉県立北高校、神戸外国語大学入学

勤務先 千葉信用金庫

在住 千葉県四街道市

須田優美さんの経歴

平成22年度千葉県立北高校インターハイ弓道部女子団体8位

2013年神田外国語大学3年で弓道部主将

現在千葉信用金庫に勤務しています。

平成30年10月2日(火)から3日(水)に開催された「第73回国民体育大会弓道競技」に千葉県代表として出場し、遠的競技の部で優勝、近的競技の部で準優勝されました。

スポンサーリンク

弓道について

弓道とは

弓道は、和弓で矢を射て、的に中てる一連の所作を通し、心身の鍛練をする日本の武道のことです。

的は射場から28m先(近的)にあり、大きさは直径36cmしかないそうです。

そんなに遠くにあるんですね!

さらに、弓道といえば近的が一般的ですが、須田さんが国体で優勝された遠的は60m先に的があるそう。

遠的の場合は的は100センチです。

弓道のルール

基本的に射手は4本の矢を持って入場し、4本中何本的に的中したかで競います。

どこにあたってもよいのであたれば的中となります。

大会によっては2回戦までの合計的中数で順位を決定します。

上位決定のときに1位、2位が複数いる場合は、1位の人が1本ずつ矢を放ち、外したら即退場し、2位以降の順位決定にまわります。

優勝者が決まるまでこれを繰り返し最後まで矢を当て続けたものが優勝となります。

2位以降は上位者が順番に一つの的を狙って矢を放ちます。

的の中心に近い者から順位が決定します。

この際は的のどこにあたるかがとても重要です。

弓道の道具

・グラスファイバー弓

形状が変化しにくく、耐久性があります。

遠くに矢を飛ばす能力がある弓です。

・カーボンファイバー弓

形状が変化しにくく、軽くしなやかでありながらも耐久性があります。

グラスファイバー弓よりも、遠くに矢を飛ばす能力がある弓です。

・竹弓

少ない力でも矢勢を出すことができるのは、竹の伸縮性あってのことです。

グラスファイバー弓やカーボンファイバー弓に比べて、遠くに矢を飛ばす能力はないため、射手の技が素直に出る弓です。

・ジュラルミン矢

比較的安価な矢です。

耐久性があり温度・湿度に左右されにくいです。

・カーボン矢

ジュラルミン矢よりもしなるため、矢勢が向上することがあります。

安定した矢を放つことができる。

・竹矢

自然素材である竹ならではのしなりや飛び方で、ジュラルミン矢・カーボン矢とは全く異なる。

弓かけ

弓を引く際に右手を保護するための道具

弓道衣

弓道衣には、上衣や袴、帯、足袋、着物の場合襦袢や襷(たすき)があります。

弓道は日本伝統の武道として、礼節を重んじるものですので、弓道着があるとますます背筋が伸びますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今日は須田優美さんと弓道についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました