スポンサーリンク

もにまるずとダイソーぷにゅぷにゅあにまるを比較!似てる?パクり?

もにまるずとダイソーぷにゅぷにゅあにまるを比較!似てる? メディア

こんにちは!

みなさん「もにまるず」って知っていますか?

東急ハンズとかで売っているスクイーズの一種でもにもにして楽しむおもちゃです。

この「もにまるず」ととっても似てるスクイーズが100円ショップのDAISO(ダイソー)にあるそうで、作者の渡部学さんと販売するエムループが販売中止と在庫破棄を求めています。

ということで、どれくらい似ているのか比較検証してみようと思います。

スポンサーリンク

もにまるずって?

「もにまるず」はみんなでさわって楽しむやわらかフィギュアです。

もにもにしたさわり心地の動物フィギュアシリーズで、種類は100種類以上!

リラックマやミッフィー、すみっこぐらしなどコラボ商品も多いです。

作者は渡部学さんという方で、武蔵野美術大学在学中にもにまるずを生み出しました。

値段はサイズによりますがだいたい1,000円前後。

ある意味手でむにむにするだけのおもちゃにこの値段…個人的にはぜいたくだなぁと思ってしまったのですが(ごめんなさい)なんとこのもにまるず、手作りなんだそうです…!

そう思って見てみると、随所にこだわりが感じられるような気がして、お値段も納得しました。

定番のうさぎはこんな子です。

スポンサーリンク

ダイソーの「ぷにゅぷにゅあにまる」

さてでは一方の類似商品と言われているダイソーの商品「ぷにゅぷにゅあにまる」はこちら。

おんなじうさぎのところから見てみましょう。

ダイソー 新作③ スクイーズ (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ ぽふぽふベビー!! ぷにゅぷにゅあにまる!! DAISO

ダイソーぷにゅぷにゅあにまるはもにまるずのパクリ?

さて、両者比較してどうでしょうか…スクイーズは世の中にたくさんありますが、今回は「頭や胴体、目、口、鼻などの主要部分に加え、デザイナーの個性が反映される細部の造形まで『極めて類似している』」ということで問題になっています。

たしかに、手のありなしは違いますが、フォルムなどは激似なような…。

同じくらいかわいくて100円だったら、こちらも人気出そうですよね。

実際この「ぷにゅぷにゅあにまる」、とっても売れているそう。

ただ、触り心地は本家もにまるずのほうが断然いいそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

もし販売中止になった場合は手に入らなくなりますので、このようにニュースになってしまうと逆に売れてしまいそうな気もしますね…。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました