スポンサーリンク

夏休みの簡単おやつ!バナナだけアイスでアイスクリームデビュー!

夏休みの簡単おやつ!バナナだけアイスでアイスクリームデビュー! 料理

こんにちは!
もうすぐ夏休みですね!
毎日のおやつ、どうしていますか?
暑い日が続くと冷たいものが恋しいけれど、市販のアイスばっかり食べていては添加物やカロリーなどが心配…
そんなときは手作りアイスクリームはいかがですか?
今日は材料ひとつで簡単、バナナのアイスクリームをご紹介します!
なにせ材料はバナナだけなので、お子様のアイスクリームデビューにもおすすめですよ〜(^^)

スポンサーリンク

材料ひとつ!バナナだけアイスクリームのレシピ

材料

バナナ 好きなだけ

必要な道具

フードプロセッサーもしくはブレンダー

ない場合はジップロックのような厚手のビニール袋

作り方

バナナの皮をむいてラップでくるむか、ジップロックなどに入れて冷凍庫で凍らせる。
フードプロセッサーもしくはブレンダーで攪拌する

それだけです!
バナナを凍らせるときは適当に手でちぎってから凍らせても、1本まるごとでも大丈夫です。
1本丸ごとの場合は、ジップロックなど厚手のビニール袋に入れてから若干潰すと凍りやすく、攪拌するときに楽です。
バナナがかちかちすぎてフープロやブレンダーがうまく回らないときは、室温で少し時間をおくかレンジでチンして少し柔らかくなってからやってみてください。

どんな味?

材料はバナナだけなので味はもちろんバナナですが、冷たいからかそこまでバナナのもさもさ感はないです(^^)
攪拌することでめちゃめちゃなめらかクリーミーになるので、食感はほんとに「アイスクリーム」ってかんじになります!

フードプロセッサーやブレンダーがない場合は?

攪拌する機械がない場合は、バナナをジップロックなどの厚手のビニール袋に入れて、よく揉んでクリーム状にしてから凍らせてください。
凍らせている途中で何度か揉むとなめらかになります!
バナナシャーベットとしてさっぱりおいしくいただけます(^^)

スポンサーリンク

ちょい足しでアレンジ無限大!バナナアイスクリームのアレンジ

まずはシンプルなバナナアイスクリームをご紹介しましたが、ちょっとアレンジするだけでいろいろなお味を楽しめます(^^)

ココアパウダーでチョコレートアイス

フープロで攪拌するときに、凍ったバナナといっしょにココアを加えれチョコレートアイスの完成です。
バナナはそこまで気になりません。
ココアの量をお好みで加減すれば、マイルドからビターまで自由自在です!

シナモンを足してバナナシナモンアイス

バナナとシナモンの組み合わせも鉄板です(^^)
こちらも凍ったバナナを攪拌するときに一緒に入れてください。
シナモン特有の甘い香りがバナナにぴったりです。
香りが強いので入れすぎ注意!

スキムミルクでバナナミルクアイス

バナナとミルクの組み合わせも外せないです。
バナナジュースはみんな大好き!
凍ったバナナといっしょにスキムミルクを入れて攪拌すれば、ふんわりミルク感が足されてよりアイスクリームっぽく!

チョコレートを混ぜてチョコバナナアイス

チョコレートを刻んで混ぜます。
板チョコなどを手で割り、凍ったバナナと一緒に攪拌すればチョコバナナアイスの完成です。
チョコのぱりぱり食感とバナナのまったり感がいいかんじです。
チョコがごろごろしているのが好きだったら、攪拌したあとに手で割ったチョコを混ぜるといいですよ!

くるみやアーモンド、ピーナッツをミックス

ローストしたナッツを入れるのもおすすめです。
カリカリ食感がアクセントになっていいですよ〜。

ジャムを足してフルーティに!

ラズベリーやブルーベリーなどのお好みのジャムを混ぜて攪拌すれば、簡単に味が変えられます。
フルーティさが増してさっぱりおいしい!

アイスはいつから食べていいの?子どものアイスクリームデビューは?

さて、こちらのアイス、材料はバナナだけなので、小さなお子さんや、乳・卵アレルギーがあるお子さんのアイスクリームデビューにもおすすめです。

子どもにアイスクリームを食べさせる目安は3歳ごろ

子どもがアイスを食べられるようになるのはいつごろでしょうか?
基本噛まなくていいので小さくても食べられそうですが、目安は3歳とのことです。

  • ある程度消化器官も発達してくる時期
  • アイスを与えられた際に勢いよく飲み込んでしまわず、舐めながら食べるという行為も出来る時期

というのがポイントです。
市販のアイスは甘すぎたり脂肪分が気になったりアレルギーが心配だったり…。
いろんな手作りアイスを試してみましたが、いまのところ簡単さとクリーミーさでいえば、このバナナだけアイスがいちばんアイスっぽいです。
ただし、当たり前ですが冷たいので、 食べすぎには注意です。
子どもの身体に負担にならない量を心がけくださいね(^^)

明日のおやつはバナナだけアイス!

いかがだったでしょうか?
夏休みの毎日のおやつ、健康的に乗り切りたいですよね(^^)
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました