スポンサーリンク

ペナルティーのワッキーがガン告白!中咽頭がんとは?現在の状況や生存率など調査!

メディア

お笑い芸人ペナルティーのワッキーさんが、2020年6月に中咽頭がんを公表しました。

8月末までは治療に専念するために仕事をお休みすることが発表されています。

今回は中咽頭がんを公表したワッキーさんの現在の状況や、中咽頭がんの生存率などを調査しました!

スポンサーリンク

ワッキーが公表した中咽頭がんとはどこのがん?

中咽頭がんとは、主に喉や口に痛みがあることで発覚することが多く、初期症状はほとんど見られないがんです。

近年では特に男性の発症率が高くなっており、ワクチンでも予防が可能な病気です。

更に、口や喉など複数に転移が見られるケースもあるので、早期発見が完治への近道と言われています。

スポンサーリンク

ワッキーの中咽頭がんの生存率は?

中咽頭がんの場合、5年生存率は8割から9割と言われています。

進行が進めば進むほど生存率の割合は低下していきますが、ワッキーさんの場合は早期発見だったために、高い割合での5年生存率が見込まれています。

今はとにかくゆっくり休んで治療に専念してもらいたいですね!

スポンサーリンク

ワッキーが中咽頭がんに気づいたのはどうして?

ワッキーさんが中咽頭がんになった時に最初に違和感を感じたのは、首のしこりができていた事からだそうです。

現在ステージ1の段階なので、完治する可能性は充分にあります。

ただし、中咽頭がんは鼻や口にも転移する事は先述しましたが、入院生活が終わってもしばらく通院する必要があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

ワッキーの中咽頭がんは手術できない!?

ワッキーさんの中咽頭がんのニュースを見ると、手術は行わず放射線治療を選択しているようです。

手術は可能ながんですが、後遺症のリスクを考えて放射線治療を選んだ可能性が考えられますね。

したがって、中咽頭がんは手術ができないというわけではありません。

長丁場の治療になりますが、ゆっくり復帰を待ちましょう!

ワッキーさんも今回の病気について、Twitterでメッセージをツイートしています。

がんは治らない病気ではなくなりましたが、やはりいざ自分が発症すると不安な気持ちは消えないと思います。

ワッキーさんが少しでも前向きに治療と向き合えるように応援していきましょう!

スポンサーリンク

ペナルティーのワッキーがガン告白!中咽頭がんとは?現在の状況や生存率など調査!まとめ

ワッキーさんの中咽頭がん公表には驚かれた方がほとんどだったと思います。

現在47歳という事でまだまだ若いワッキーさんなので、病気を完治させて私たちに笑いを届けてくれる日を待ちましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました