スポンサーリンク

コロナウィルスの治療薬になる!?レムデシビルはどんな薬?日本製アビガンは効かない!?即効性や副作用を調査!

メディア

コロナウィルス感染者に対する治療薬として、レムデシビルが承認されることになり、一気にこの薬が注目されています。

ただ、聞き馴染みのない名前にレムデシビルの効能や副作用など、様々な部分で危険視もされています。

今回はコロナウィルスの治療薬として認証されるレムデシビルの特徴や副作用についてまとめました!

スポンサーリンク

レムデシビルはコロナウィルスに効果を発揮できる?

レムデシビルを開発したのは、インフルエンザの治療薬『タミフル』を製薬したギリアド社です。

今回日本で認証されようとしているレムデシビルはまだまだコロナウィルスに対して治療の効果が証明されているわけではないようですね。

また、ネットではレムデシビルに対してまだ不信感を抱いている方も多く、手放しに喜んでいる方は少ないようです。

まだまだコロナウィルスに対する治療薬は実験段階といったところでしょうか。

まだまだ不安定な状態なので少しでも早い新薬の開発に期待したいですね。

スポンサーリンク

日本製アビガンは効果なし?治療薬として認可されない理由は?

コロナウィルスの治療薬として、日本では2014年に登場したアビガンが注目されていましたが、コロナウィルスの治療薬としては未だ認可されていません。

このことに対してもネットでは『いち早く認可すべき』との声も多く、日本医師会もアビガンを推奨しているようです。

アビガンに効果がないわけではなく、日本でアビガンを認可するには、やはり時間がかかるようです。

というのも、アビガンは元々新型インフルエンザのために開発された薬で、コロナウィルスの治療のための服用には安全性が認められないと認可されないことになっています。

また、現在コロナウィルスのための投薬を行うと保険適用外となり医療費が高額になってしまいます。

まだまだアビガンをコロナウィルスの治療薬とするには課題が多いということですね。

スポンサーリンク

レムデシビルに副作用はある?ネットでは『危険』の声!?

レムデシビルの副作用を調べてみると、タミフル同様様々報告されているようです。

調べてみると肝機能低下や、心臓への負担などちょっと恐怖な副作用が並んでいるので不安ですよね。

ですが実際に状態が改善されている方がいるのも事実なので、だからこそコロナウィルスの治療薬にされているのだと思います。

まずはコロナウィルスに感染しないことが一番ですが、レムデシビルの服用には考えさせられる部分が多いのも確かですよね。

スポンサーリンク

コロナウィルスの治療薬になる!?レムデシビルはどんな薬?日本製アビガンは効かない!?即効性や副作用を調査!まとめ

今回発表されたレムデシビルの認可には、まだまだ反対の意見も多いのが現実です。

政府には国民のことを第一に考えて副作用や効能をしっかり熟知した上で認可してもらいたいですね。

コロナウィルスの治療薬が日本で普及するのはまだまだ先の話とも言われていますが、しっかり効果のある薬の認可をすることで、気持ちに少し余裕ができそうですよね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました