スポンサーリンク

沢尻エリカは演技がうまい!演技派女優の逮捕が残念すぎる

沢尻エリカは演技がうまい!演技派女優の逮捕が残念すぎる メディア

こんにちは。

女優の沢尻エリカさんが逮捕されてしまいましたね…。

薬物を使用したことは許されることではないですが、世間では彼女の演技を見られなくなることを残念がる意見が多数見受けられました。

彼女の演技はなぜ人を惹きつけるのか、演技がうまいと言われる理由はなんなのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

沢尻エリカさんの演技はどこがうまい?

沢尻エリカさん、あまりに容姿端麗なため見た目にばかり目が行きがちですが、彼女は演技力も高く評されていました。

沢尻さんは「別に」発言に始まりいろいろとトラブルの多い女優さんだったのでアンチや嫌いという方も正直多いです。

ですが、「でも顔はかわいい」という声や、「でも演技はうまい」という声があるのも事実です。

アンチは多いけれどなぜか一目置かれているという彼女。

そういう女優さんてあまりいないですよね。

やはり沢尻エリカさんにはなにか魅力があるんだろうなあと思います。

沢尻さんの演技はなぜうまいと言われるのかというと、ひとつは「泣き」の演技が挙げられます。

沢尻さんは泣きの演技がうまいため、知らず知らずのうちにこちらは感情移入してしまい、作品にのめり込んでしまうんですよね。

さらに、沢尻さんは演じる役の振れ幅がとても大きいです。

思えば「1リットルの涙」では重い難病に侵された少女を演じたかと思えば、「ヘルタースケルター」では全身整形して完璧な容姿を手に入れながらも心身ともに崩壊していくりりこを演じています。

演じる役としてあまりに振れ幅が大きいですよね。

それをこなしてしまうあたりかなりの演技派であることがわかります。

また、沢尻さんはパッチギ!に出演した際井筒監督に演技を絶賛されたという過去があります。

パッチギ!に出演したときは2005年と、沢尻さんがかなり初期の頃なので、その頃から演技力には定評があったんですね。

そんな沢尻さんを見ていたら、受賞歴がすごかったです。

新人賞を総なめにしていた過去を見つけました。

2006年度

第29回日本アカデミー賞 新人俳優賞、話題賞俳優部門 (『パッチギ!』)

第79回 キネマ旬報 ベスト・テン新人女優賞 (『パッチギ!』『阿修羅城の瞳』『SHINOBI』)

第18回 日刊スポーツ映画大賞 新人賞 (『パッチギ!』)

第30回 報知映画賞 最優秀新人賞 (『パッチギ!』)

第27回 ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞 (『パッチギ!』)

第15回 東京スポーツ映画大賞 最優秀新人賞 (『SHINOBI』『パッチギ!』)

エランドール賞 新人賞 (『1リットルの涙』、『パッチギ!』)

第43回 ゴールデン・アロー賞 新人賞 (『1リットルの涙』、『パッチギ!』)

2012年度

第36回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞 (『ヘルタースケルター』)

引用:ウィキペディア

これはすごいですよね。

受賞歴を見ても、演技派女優であることはお墨付きでした。

さらにあのヘルタースケルターでは日本アカデミー賞の優秀主演女優賞も受賞しているんですね。

スポンサーリンク

一方で「わざとらしい」「おおげさすぎる」という声も

沢尻さんは演技力を絶賛される一方で、「わざとらしい」「おおげさすぎる」と感じる人もいるようです。

このあたりはかなり線引きが微妙なところですよね…。

どれくらいの演技が適正なのかというのは感じる人にもよるところではありますが、あまり演技しないと大根役者と言われますし、かといってやりすぎると過剰と言われますからね…。

たしかに沢尻さんの演技はキャラクターが立ってるといいますか、かなり存在感がありますよね。

ちょっとわざとらしいかも…と思うときもないわけではないです。

が、かなり強烈なキャラクターを演じているからというところもあるかなと思います。

役に負けていないというところはすごいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

沢尻エリカの演技力はどこからきてる?憑依型女優と呼ばれる理由は?

沢尻さんは「別に」の一件から女王様キャラが定着してしまいましたが、たしかに当初は清純派の役も多かったんですよね。

それくらい様々な役を演じることができることができる沢尻さんはどのように役作りをしていたのかというと、なんと「憑依型女優」と呼ばれていました。

どういうことなのかというと、沢尻さん、オファーを受けるかどうかは脚本を読んで、役をイメージできるかどうかで決めるそう。

つまり役が自分に降りてくるかどうかを大切にしているんですね。

そんな沢尻さんですから、役作りはほとんどしないんだそう。

むしろ、監督が求めることにいつでも応えられるように、あえてまっさらな状態で現場に入るようにしていると言っています。

演技派と言われるくらいですから細かく役作りをしているのかと思いきや、そうではないんですね。

内面は、自分で決め込みすぎないことが大事だと語っています。

そうして役をどんどん吸収していく沢尻さん。

私生活でも役にハマりすぎてしまい、その時演じている役柄によって印象が全然違うと言われるそう。

あまりに違う役柄をこなせるのは、まさに役が沢尻さんに憑依しているからこそできたものだったんですね。

なるべくならやさしい役のときの沢尻さんに会いたいものです。

激しい役のときにプライベートも一緒に過ごす方はなかなか大変だろうなと思います…。

スポンサーリンク

憑依した役を落とす「役落とし」が必要で、過去にはのめり込みすぎて体調を崩したことも

沢尻さんは、自分を完全に役に染めてしまうため、ひとつの作品が終わったら次の作品までの間に休養期間が必要なんだそう。

その期間は、それまでの役を自分から追い出す「役落とし」と呼んでいます。

厄落としならぬ役落とし、すごいですね…。

役落としとは具体的にどんなことをするのかというと、友達と温泉にいったりトレーニングしたりするそう。

そうして前の作品とぜんぜん違う生活をすることで、自分を取り戻すことができるそう。

そうしてニュートラルに戻った沢尻さんは、また次の役を自分に取り入れていくことができるそうです。

沢尻さん、きっととてもまじめな方なんでしょうね、だからこその高い演技力なのだと思いますが、なかなかハードな仕事だと言わざるを得ないのではないでしょうか。

毎回役に合わせて自分を完璧に消し去るなんて、肉体的にも精神的にもかなり負荷がかかりますよね。

想像ではありますが、やはりそれだけ気持ちに負担をかけながら仕事をしていると、ふとなにかに逃げたくなってしまうときがあるのかもしれませんね…。

そんなふうに仕事に没頭する沢尻さん、過去あまりにのめり込みすぎて体調を崩したこともありました。

それは2012年大ヒット作の「ヘルタースケルター」でりりこを演じたときでした。

「ヘルタースケルター」はかなり過激な作品で、沢尻さんは全身整形した美女りりこを演じ切りましたが、作品中でりりこは心身ともに崩壊していきます。

沢尻さんはあまりに役にのめり込みすぎてしまったせいで体調を崩し、ヘルタースケルターのPR活動を休止しています。

その際監督を務めた蜷川実花さんは、

現場での彼女はりりこそのものでした。

「りりこの役がなかなか抜けない」と言っていた彼女に静養が必要なのは、必然のような気がします。

引用:ムビコレ

とコメントしています。

それくらい、沢尻さんの演技に対する執着は凄まじいものがあるんでしょうね…。

スポンサーリンク

映画「人間失格」のあとは2020年大河ドラマ「麒麟がくる」が決まっていたがどうなるの?沢尻エリカを超える演技派女優はいるの?

沢尻さんは残念ながら11月16日に逮捕されてしまいました。

来年には念願の大河ドラマの出演が決まっていました。

来年といってもあと2ヶ月もなく、すでに6月から収録は始まっていたそう。

沢尻さんは時代劇が一番好きだと言っており、大河ドラマには並並ならぬ意欲を見せていました。

「麒麟がくる」では、沢尻さんは斎藤道三の娘の帰蝶(のちに織田信長の正妻となる濃姫)役という重要な役どころでした。

あと数ヶ月で大河ドラマの放送が始まってしまうというこの時期に、沢尻さんクラスの演技ができて存在感のある女優さんを選ぶなんていうことはできるんでしょうか。

現在のところ、当然ながら大河ドラマの制作サイドも逮捕は寝耳に水で事実確認中ということで、代役など具体的な話はありません。

沢尻さんの濃姫は見ることができるのでしょうか…現実はかなり厳しいと思いますが、大河ドラマの沢尻さん、とても見たかったので、収録したところだけでも放送してほしいなんて思ってしまいます。

逮捕という事実を考えるとなかなか難しいとは思いますが(^^;)

スポンサーリンク

まとめ

沢尻エリカさんが逮捕というとてもショッキングなニュースが入ってきました。

彼女の演技がとても好きだったのでとても残念です…。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました