スポンサーリンク

須田陽すだみなみイケメン指揮者の出身や高校彼女はいる?東京芸大生

須田陽すだみなみイケメン指揮者の出身や高校彼女はいる?東京芸大生 アーティスト

こんにちは!

10月19日の土曜プレミアムは「さんまの東大方程式芸術の秋に東京藝大生が大集合SP!」ですね!

明石家さんまが“日本一の頭脳”をもつ天才東大生たちと大爆笑トークを繰り広げるバラエティー番組の第8弾ということで、楽しみです。

今回は日本最高峰の芸術大学である、東京藝術大学とのコラボだというのですからびっくりです。

東大生と芸大生が一緒になったらかなりおもしろそうですよね!

今回は個性豊かな芸大生がたくさん登場するということなのですが、まずご紹介したいのが指揮者の須田陽(すだみなみ)さん。

この方なんと、8音同時に聞き分けられる天才指揮者!

すごい耳の持ち主なんです。

番組では実際に聞き分けの様子を見ることができそうですね!

さらに、大津くんとのコラボでオーケストラを指揮します。

今日は須田陽(すだみなみ)さんが一体どんな方なのか、調べてみました!

スポンサーリンク

須田陽(すだみなみ)さんのプロフィール!東京藝大生の天才指揮者!

まずはプロフィールからご紹介します。

名前 須田陽(すだみなみ)

出身 群馬県伊勢崎市

所属 東京藝術大学指揮科2年

須田さんは、東京藝術大学指揮科2年に在学中の芸大生です。

ミレニアムシンフォニーというオーケストラの代表もされています。

須田陽(すだみなみ)さんの経歴は?指揮だけでなくピアノも作曲もできる!

須田さんは4才よりピアノ、6才よりソルフェージュや作曲、7才よりヴァイオリンを習っていたそう。

ですが、ピアニストは目指してはいなくて、小学生1年のころから指揮者になりたいという夢を持っていました。

これまでに数々のピアノコンクールでも優秀な成績を収め、プロのピアニストとしても藝大フィルハーモニア演奏会などでも活躍しています。

第9回横浜国際音楽コンクールピアノ部門高校の部で一位を取るなどすばらしい成績を残しています。

また、作曲家としても非凡な才能の持ち主で、コンクールでの入賞のほか、プロのミュージシャンへの楽曲の提供、自作自演によるCD録音などもしているとか!

第32回全日本ジュニアクラッシク音楽コンクール作曲室内学部門高校生の部最高位などを受賞しています。

すごいですね〜。

耳の良さは、藝大生の仲間からも一目置かれているそうですよ!

スポンサーリンク

須田陽(すだみなみ)さんの出身は?

須田さんは群馬県の伊勢崎市出身です。

須田さんが指揮者を目指すきっかけになったのは7歳のときに地元伊勢崎市で開かれたチェコ・プラハ管弦楽団の公演で「格好良さ」に目を奪われたからだそう。

そして、地元の管弦楽団である群馬交響楽団の定期演奏会を鑑賞するなど、地元伊勢崎市で音楽への思いを強くしていったようです。

そして、なんとびっくりなのですが、現在も、地元伊勢崎市から毎日電車で芸大に通っているそうです。

おそらく片道2時間以上かかるのではないでしょうか?

オーケストラの練習は夜遅くなることもあると思いますが、すごいガッツですね。

電車に2時間も乗っていたら、交響曲ですら2曲以上聴けそうです。

電車のなかでも指揮も勉強をしているんだろうなぁ〜と思います。

須田陽(すだみなみ)さんの学歴(高校・中学校・小学校)は?

須田さんは現在芸大生ですが、それまでの経歴はどんなかんじなのでしょうか?

まず、須田さんは群馬県伊勢崎市にある伊勢崎市立宮郷第二小学校を卒業しています。

その後、指揮者を目指して音楽教育で定評のある上野学園中学校に進学します。

こちらに進学したのは、群馬交響楽団で指揮者をしていた下野竜也さんの指導を受けるためだったというのですから、すごいです。

上野学園は上野にありますから、中学のころから片道2時間以上かけて通学していたことになりますね。

高校はそのまま上野学園高等学校に進学し、高校音楽科演奏家コース(ピアノ)を経て、東京芸大音楽学部指揮科に入学しました。

上野学園高校は普通科と音楽科という二つのコースがあります。

さらに音楽科は器楽・声楽コースと演奏家コースに分かれており、須田さんは将来ソリストとして演奏家を目指すコースである演奏家コースでピアノを学びました。

指揮だけでなくピアノの腕も磨いたのは、師である下野さんの助言だったそうです。

スポンサーリンク

須田陽(すだみなみ)さんはイケメンだけど彼女はいるの?音大生といえば千秋とのだめ!

須田さん、経歴もすごいですが、ルックスもイケメンですよね。

となると気になるのが彼女の存在です。

いろいろと調べてみたのですが、須田さんの彼女情報は現在のところ見つかりませんでした。

芸能人などではない方ですからなかなか難しいです。

ですが、実家から2時間以上かけて大学に通っており、しかも芸大生は学業だけでも忙しいので、彼女作る時間はないのではないかなぁ〜と思います。

いるとしても、学内もしくは中高からの知り合いだと思います!

音大生の恋愛といえばのだめカンタービレの千秋とのだめですよね。

須田さんは千秋よりもさらにパワフルなイメージですが、のだめみたいなピアノの子がいたりしないか期待してしまいます笑

須田陽(すだみなみ)さんは愛犬家!実家にはトイプードルがたくさん!

ただ、須田さんはいま彼女いないんじゃないかなぁと思ったのが、須田さんが「音楽やってる以外は子犬たちの世話をしています」と発言していることです。

なんと実家には、トイプードルが5匹もいるそうです。

お母さん犬と、2018年末に生まれた子犬が4匹とのことで、お名前はお母さんが小麦ちゃん、子犬がそれぞれちぇろ、びおら、ほるん、ぴあのという名前です。

子犬は楽器の名前ということで、さすが音楽家ですね!

かわいいわんちゃんたちに囲まれていたら、たしかに一人暮らしはしたくないかもと思いました笑

スポンサーリンク

須田陽(すだみなみ)さんの8音同時に聞き分けられる特技がすごい!

須田さんは番組で、8音同時に聞き分けられる特技を披露してくれるようですよ!

8音同時ってすごいですよね。

さすが指揮者です。

オーケストラで演奏したら常に8音以上鳴っている状態ですから、それですごいというのも申し訳ない気もしますが(^^;)

番組放送時にばっちり見たいと思います!

ミレニアムシンフォニーの代表として活躍中

精力的に活動している須田さんですが、さらに2018年度東京藝大入学の学生有志によるオーケストラ「ミレニアムシンフォニー」の代表もしています。

学業だけでも大変なのに、オケまで運営してしまうなんて超パワフルですね。

須田さんは有志によるオーケストラ設立を大学入学当初から考えており、5月の連休明けから学年全体に声を掛け始めたそう。

副代表でヴィオラ担当の宮川清一郎さんが、伊勢崎の同郷だったことから最初は2人で行動しています。

そして、1学年237人中、集まったのは約90人。

学業だけでもかなり忙しいはずなのに、さらに有志のオーケストラに90人も集まるなんてすごいです。

ヴァイオリンは25人、チェロ、ヴィオラ、コントラバスで4〜5人を確保しているそうです。

さらに、この団体のおもしろいのところは音楽環境創造科や楽理科、作曲科など、非演奏学科の生徒も参加しているところだそう。

芸大の学生によるオーケストラはこれまでもあるそうなのですが、メンバーが演奏家だけにとどまらないのはこの楽団が初めてなのではないかとのこと。

オーケストラの企画運営には、こうした非演奏家の学生があたり、須田さんは全体を統括しているそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

10月19日の土曜プレミアム「さんまの東大方程式芸術の秋に東京藝大生が大集合SP!」に出演する、東京藝大生の天才指揮者須田陽さんについてまとめました!

本業が忙しいと思いますが、これからもテレビなど出演してほしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました