スポンサーリンク

大黒屋真由とナンバ歩きのやり方や効果メリットデメリットなどを紹介!

大黒屋真由とナンバ歩きのやり方や効果メリットデメリットなどを紹介! メディア

こんにちは!

10月17日のアウト×デラックスは

  • “再現ドラマの女王”芳野友美が泣くほど癒やされるものとは?
  • ダンサー・振付師の大黒屋真由が川越を覚醒させた“ある事”とは?

ですね!

  • かつてストリートダンスアジア大会優勝の輝かしい経歴を持つ大黒屋真由だが、現在“ナンバ歩き”を埼玉県川越で広めているという。
  • 実際スタッフが大黒屋のダンススタジオに同行すると、そこに通う生徒たちも“ナンバ歩き”によって変化を感じているという。
  • はたしてその“ナンバ歩き”とは?本当に効果はあるのか?

ということで、ダンサー・振付師の大黒屋真由さんが出演します。

この方、ちょっと不思議な方ですが一体どんな方なんでしょうか?

そして現在“ナンバ歩き”というものを広めているそうですが、いったいどんな歩き方なのでしょうか?

そして大黒屋真由さんのレッスンの場所や値段、どんなレッスンがあるのかなどまとめてみました!

スポンサーリンク
  1. 大黒屋真由(だいこくやまゆ?おおぐろやまゆ?)・(Boogiemayu舞妓マユ)さんのプロフィール
  2. 大黒屋真由(だいこくやまゆ?おおぐろやまゆ?)・(Boogiemayu舞妓マユ)の経歴は?マクドナルドのCMや椎名林檎の振り付けもしていた!
  3. ナンバ歩きとは?ナンバ歩きのやり方は?
  4. ナンバ歩きの由来と語源は?ナンパではなくナンバ!
  5. 高橋尚子選手も末続慎吾選手もナンバで世界に勝った?!
  6. 大黒屋真由さんのナンバ歩きの動画はムーンウォーク!ナンバ歩きはゴリラみたい?
  7. ナンバ歩きの効果やメリットは?なんと脳も活性化できる!
  8. ナンバ歩きのデメリットは?
  9. 大黒屋真由さんがナンバ歩きを始めたきっかけは?お父さんである大黒屋宏芳さんはナンバ式の歩数計まで作っていた!
  10. ナンバ式減算歩数計とは?値段は?
  11. 大黒屋真由さんのトレーニング「ナンバストレッチ」を受けるには?場所は?
  12. 大黒屋真由さんのトレーニング「ナンバストレッチ」の値段は?
    1. ナンバストレッチ 1セッション  500円
    2. ナンバ歩きトレーニング
    3. ナンバのマインドからライフアドバイス
    4. カタカムナストレッチ1Word 2000円
    5. カタカムナ〜使命 SHIMEI 氏名〜 鑑定1Name   2000円
  13. 大黒屋真由さんの「カタカムナ」とは?スピリチュアルな人なの?
  14. まとめ

大黒屋真由(だいこくやまゆ?おおぐろやまゆ?)・(Boogiemayu舞妓マユ)さんのプロフィール

名前 大黒屋真由(だいこくやまゆ?おおぐろやまゆ?)

別名義 Boogiemayu舞妓マユ(ブギまゆ)

生年月日 1月29日

在住 埼玉県川越市

職業 振付師、ダンサー、NANBA伝導師

大黒屋真由さん、謎多き方です。

苗字は「だいこくや」さんとお読みすると思います。

ダンサーであり振付師でもあります。

そしてBoogiemayu舞妓マユという名前で活動もしています。

年齢がかなり気になったのですが、公表されていませんでした。

大黒屋真由(だいこくやまゆ?おおぐろやまゆ?)・(Boogiemayu舞妓マユ)の経歴は?マクドナルドのCMや椎名林檎の振り付けもしていた!

大黒屋真由さんがダンスを始めたのは小学生のころからです。

聖ドミニコ学園にて自由なダンスに触れ合い8歳で新体操をはじめます。

聖ドミニコ学園とは東京都世田谷区にある私立の小学校です。

新体操で本格的にオリンピックを目指すなか、ストリートダンスに出会います。

2015年台湾で行われたストリートダンスのアジア大会に優勝したのをきっかけに、本格的にライブをスタートしました。

HIPHOPとナンバを融合させた新たなるムーブメント『ナンバdeダンスプロジェクト』を2015年から始動させ誰もがナンバを気軽に実践できるよう、音楽とダンスを使用して日々活動しています。

メディアではマクドナルドCM振付・椎名林檎氏への振付など振付師として裏方の活動する一方で、自身(舞妓マユ)のアーティストとしての活動も行うとともに、プロダンサーとして現役活動中でもあります。

マックのCMや椎名林檎さんの振り付けとは、すごい方ですね…!

主な活動歴は、

  • 2015年度 ストリートダンスアジア大会/優勝(HOUSE DANCE部門)
  • 2016年度「NAMBA de DANCE」 Project 本格始動
  • 2020東京オリンピックに繋ぐブラジル/リオオリンピックのタイミングでSAMBAの楽曲を制作。未来の架け橋となる子供達と共に「NAMBA」を音楽とダンスを使用して普及開始。
  • 2018年度 埼玉県川越青年会議所・川越市共同プロジェクト『とおりゃんせHIPHOP ver.』楽曲・ナンバオリジナルダンス製作

となっています。

スポンサーリンク

ナンバ歩きとは?ナンバ歩きのやり方は?

大黒屋真由さんの活動を語る上で外せないのが「ナンバ歩き」です。

ナンバとは歩行法のひとつで、左手と左足、右手と右足を同時に出し、身体を捻らずに歩く歩き方です。

今でも相撲や歌舞伎、盆踊りなど多くの場面でみられます。

今私たちが歩くという時のしぐさは、右手と左足、左手と右足を交互に高く上げて身体を捻って歩くいわゆる行進するような歩き方ですよね。

そうして身体を捻りながら歩くのですが、ナンバ歩きは違います。

右手ではなく、右半身(右腰・右肩)が右足と同時に出る動作、を心がけるとナンバ歩きができるそうです。

ナンバ歩きの由来と語源は?ナンパではなくナンバ!

「ナンバ」とは、日本における歌舞伎の動作である六方(ろっぽう)にみられる、同じ側の手と足を動かして歩く動作のことです。

古武術研究家の甲野善紀の著作などにより一般に知られるようになりました。

江戸時代以前の日本ではナンバ歩きが一般人の間で広く行われていましたが、明治以降、西洋的生活様式の移入とともに失われたとされています。

ただし、これは厳密な検証を経た学説ではなく、歴史学界では一般に甲野個人の武術理論から生まれた「伝統の創造」の類と見なされています。

ただし、ナンバを基本とする身体の使い方は、伝統武術や陸上競技などに一定程度応用することが可能であり、スポーツ科学の観点からも研究が行われています。

「ナンバ」の語源は諸説あるそうですが、一説には「難場」と書き、「難儀な場所」「難儀な道」を意味し、そんな場所では自然と膝の上に同じ側の手をあてて膝と肘を伸ばしながら歩く姿勢になることからきたとされています。

スポンサーリンク

高橋尚子選手も末続慎吾選手もナンバで世界に勝った?!

ナンバ歩きが一躍注目を集めたのは、陸上競技の末続慎吾選手が、2004年の世界陸上パリ大会で、200メートル決勝で20秒03という記録を出した時のことです。

末続選手は陸上競技(トラック競技)でアジア初の銅メダルを獲得しました。

そのときの記者会見で末続選手は「ラスト50メートルでナンバを意識しました。」とナンバを意識していたことを明らかにしました。

さらに、シドニー・オリンピックで女子マラソン初の金メダルを獲得したQチャンこと高橋尚子選手もナンバ走法だったとされています。

小出監督はQチャンの「忍者走法だよ」とはぐらかしていましたが、あまり腕を振らない走法がナンバを意識していたと言われています。

ナンバ歩きは右手右足を出す、と同じ方向の手足を出すことが注目されがちですが、ポイントはそこではなく、「身体をひねらずに歩く・走る」ことだそうです。

実際には、ナンバのように片側の手と足を同時に動かすことは、走る局面ではできないそう。

でも、それまで前後に腕を振っていたのを、ナンバに近いタイミングで腰の振りに合わせて、後ろから前に腕を振っていくようにしたら、かなり効果があったそうです。

それまでは上体を捻って走っていたのに、上体のブレが止まったし、シャープなバネの跳ね返り方向が水平方向に変わり、そのぶん速く走れるようになったそうです。

大黒屋真由さんのナンバ歩きの動画はムーンウォーク!ナンバ歩きはゴリラみたい?

ナンバ歩き、文章だけだとなかなかわかりにくいので動画をご紹介します。

大黒屋真由さんが実際に実践しているナンバ歩きの動画をご紹介します。

"和のたしな美塾" 究極のナンバ歩き〜ムーンウォーク〜

なめらかな動きですごい!

まさに滑るような動きです。

といっても、これ、ムーンウォークですよね(^^;)

これは普通の人にはなかなか真似できません。

ナンバ歩きの詳しいやり方はこちらのほうがわかりやすいです!

日本古来のナンバ歩きでスムーズに歩く

比較しやすいように、最初はふつうの歩き方の説明もしてくれています。

ナンバ歩きだけ見たい方は2分50秒くらいから見てください。

たしかに歌舞伎役者の方のように、下半身を固定していて上半身はそれに合わせて自然に動くというかんじです。

見方によってはちょとゴリラみたいなかんじですね…(ごめんなさい)

でも、これこそたしかに無駄のない動きかも。

当たり前ですがショーで歩くモデルさんなどとはまったく違う歩き方で、歩き方といってもいろいろあるんだなぁと思いました。

スポンサーリンク

ナンバ歩きの効果やメリットは?なんと脳も活性化できる!

ナンバ歩きにはどのような効果があるのでしょうか?

このナンバ歩きですが身体に無駄な負担をかけない歩き方になっていて健康に良いとされています。

ナンバ歩きを身につければ長い距離も疲れずに歩けたり、坂道や階段も楽に登れます

さらに体幹が鍛えられて腰回りの筋肉も鍛えられると腰痛や膝痛の予防になったり、

基礎代謝が上がって太りにくい身体づくりもできます。

捻れや歪みは女性の敵ですもんね…骨盤矯正や美脚効果もあり、健康に嬉しいことばかりですね。

さらに、江戸時代はナンバ歩きがふつうだったのには大きなメリットがあり、それは「和服が着崩れない」ということでした。

皆さんは浴衣(ゆかた)を着たことありますでしょうか?

浴衣ってきちんと着付けしたと思っても、すぐ着崩れてきたりして困りますよね…。

これは、現代人の歩き方に問題があるのだそう。

現代の私たちの普段の歩き方では胴回りをねじって歩くために着物がすぐさまはだけてしまいます。

江戸時代でしたらさらに、武士は脇腹に刺した刀が落ちてしまいます。

よって江戸時代までの人は、歩くとき胴回りをねじらないように工夫して歩いていたと考えられます。

具体的には小さな歩幅で小走りに、腕は振らず歩きます。

走るときには手を胸元や脚の付け根において、肌蹴る着物を直しながら走るか、刀を押さえながら走る格好となります。

そのような歩き方や走り方は胴回りをねじらない方法がまさにナンバに通じるのです。

さらに、いつも私たちが歩いている歩き方は無意識で歩いている為、言語や論理的思考をつかさどる左脳優位な今の社会では、左脳ばかり使っている事になるそう。

ところがそこでナンバ歩きをする事によって右半身と左半身を順番に動かすと、そこにつながる左脳と右脳はリズミカルにバランスよく刺激され、左脳だけでなく右脳も活性化されていくそうで、認知症予防などにも効果があるそうです。

歩き方を変えることで脳まで活性化されるとはすごいですね!

ナンバ歩きのデメリットは?

では逆に、ナンバ歩きによるデメリットはあるのでしょうか。

右手と右足、左手と左足が一緒に出てしまうというと、緊張してカチコチになったときの歩き方をイメージしてしまいます。

かえって疲れてしまいそうですよね。

ナンバ歩きはかえって疲れるという方は、足と手を一緒に出すということに意識がいきすぎているかもしれません。

ポイントは股関節を軸に体を回すことをとにかく意識することだそう。

うまくできれば疲れはなくなります。

ほかにデメリットがあるとすれば、ナンバ歩き特有の「身体をねじらない」というところです。

身体を捻らないということは、ウエストのツイスト動作がないということです。

そのため、脇腹に贅肉がついているような場合には、「ウエストのシェイプアップができない」ということになってしまいます。

肩こり・腰痛の方には体を捻らない動作が大切ですが、もしも脇腹のお肉を落としたいという場合には、ウエストのツイストは別の運動で行いましょう!

スポンサーリンク

大黒屋真由さんがナンバ歩きを始めたきっかけは?お父さんである大黒屋宏芳さんはナンバ式の歩数計まで作っていた!

大黒屋真由さんがナンバ歩きを始めたのはお父さんである大黒屋宏芳さんがきっかけでした。

大黒屋宏芳さんは1947年北海道生まれで順天堂大学体育学部を卒業したのち、2000年「歩行道(あるきどう)」普及協会を設立、ナンバ歩きの実践の普及に努めていた方です。

ナンバについての著書もあり「ナンバ歩き奇跡のパワー」(さんが出版)を出版しています。

さらに「ナンバ式」減算歩数計を開発したという、ナンバにかなり造詣が深い方です。

ナンバ式の歩数計まで作ってしまうとはすごいですよね。

お父さんは残念ながら昨年の2018年11月11日に亡くなりましたが、お嬢さんの大黒屋真由さんがその意思を継ぎ、ナンバ歩きを広める活動をしています。

ナンバ式減算歩数計とは?値段は?

ナンバ式減算歩数計とは、大黒屋真由さんのお父さんである大黒屋宏芳さんが作った歩数計です。

歩数計、いわゆる万歩計は、普通歩くいた歩数がカウントされてどんどん数字が大きくなっていきますよね。

ナンバ式減算歩数計はその逆で、さまざまな設定(目標)に合わせて、0(ゼロ)へ向かっていく、必ずゴールがある、つまり終わりがある新しいタイプの歩数計なんだそう。

たしかに歩数計でカウントダウンするとは新しい視点です。

ナンバ式減算歩数計を実際に身に付けることによって、誰もが手軽に満足を感じる事ができるそうです。

歩数計で逆からカウントするとは目からウロコです。

そんなカウントダウン歩数計のお値段は9450円。

このほかに送料500円がかかり、9950円です。

ちょっと、お高い気もしますが気になる方はこちらから買えます。

ナンバ歩き・右脳を鍛える万歩計「ナンバ式」減算歩数計/ご注文方法
ナンバ歩きで地球一周四万キロを目指して歩く。減算する計算方法を適用した新しい歩数計「ナンバ式減算歩数計」の公式サイト。腕時計タイプの歩数計を新発売。
スポンサーリンク

大黒屋真由さんのトレーニング「ナンバストレッチ」を受けるには?場所は?

大黒屋真由さんのトレーニング「ナンバストレッチ」はどこで受けられるのでしょうか?

番組では埼玉県川越市でレッスンを行なっていると紹介されていました。

ただ、毎週火曜日の夕方は、東京の渋谷でナンバストレッチ教室を開催しているそう。

川越はちょっと遠いという方も、渋谷なら通いやすいかもしれません。

営業時間は、

  • 火曜: 渋谷/笹塚 17:00~22:00
  • 水曜: 川越 17:00~21:00
  • 土曜: 川越 10:30~16:00

​となっています。

場所などについてはホームページからの問い合わせが必要なので、こちらから行ってみてください!

ホーム | NAMBA SALON

大黒屋真由さんのトレーニング「ナンバストレッチ」の値段は?

お値段についても調べてみました。

ナンバストレッチ 1セッション  500円

まずは気軽に1回から試せるようです。

ワンコインだったらちょっとやってみたいですよね。

こちらはナンバ歩きではなくナンバストレッチという、ナンバ歩きから大黒屋真由さんが独自に生み出したストレッチが体験できるようです。

ナンバ歩きトレーニング

ナンバ歩きを教えてもらいたい方はナンバ歩きトレーングがおすすめです。

こちらは1人30分で5000円です。

3人でグループレッスンを受ける場合はひとり3000円になるようです。

何人かで受けるのがおすすめですね!

ちなみに、全国や海外に出張レッスンもしれくれるようです。

ナンバのマインドからライフアドバイス

さらに、ナンバのマインドからライフアドバイスというのもありました。

こちらは1セッションが60分、お値段は1万円とのことです。

どのようなレッスンかというと、ナンバ歩きで人生を紐解き、未来創作をしてくれるそう。

日々の生活の中に『ナンバ歩き』を取り入れる事によって、「歩み」が人生を変えて行くことの出来るライフWaliking 体感型アドバイス講座となっています。

だんだん難しくなってきました(^^;)

身体のことを突き詰めていくとだんだんマインドの話になっていくのですね…。

さらに、大黒屋真由さんは「カタカムナ」というものにも詳しいそうで、そちらに関連したレッスンも行っています。

カタカムナストレッチ1Word 2000円

こちらは、日本語48音1音ずつの意味を紐解きながら大切な身体を丁寧に調整していくというコースです。​

カタカムナ〜使命 SHIMEI 氏名〜 鑑定1Name   2000円

生まれた時から呼ばれている名前・SHIMEI を、日本語のカタカナの母であるカタカムナからSHIME・使命を紐解いて伝えてくれるそう。

姓名判断みたいなかんじでしょうか…?

そう考えたら、こちらかなりお値打ちな気も…。

スポンサーリンク

大黒屋真由さんの「カタカムナ」とは?スピリチュアルな人なの?

ナンバ歩きともに気になったのが「カタカムナ」という謎の言葉。

カタカムナとはなにかというと、縄文時代よりもはるか昔にあった文明の名前だそうです。

その文明に関する記述は、和歌に似ていることと、カタカムナウタヒという神話以外に何も残されていないそう。

その為、カタカムナ文明は長い間、謎に包まれたままでした。

しかし、カタカムナウタヒを丁寧に読み解いていくと、そこには現代物理学の最先端の理論や現代科学が到達していない超科学についても書かれていたそうです。

カタカムナウタヒはただの神話ではなく、現代科学を凌ぐ超科学書だったのです。

なんだかすごい世界に入ってきました…。

それだけでなく驚いたことに、このカタカムナウタヒのデザインそのものには『夢を叶える空間』を人の周囲に作り上げる作用があったそう。

というのは、カタカムナウタヒはカタカムナ人が高次元空間に意識を映して、そこで見た素粒子の形を写し取ったものを図形化したものとのことです。

なんだかよくわからなくなってきましたが、カタカムナは、一万二千年以上前の上古代時代の文字で、日本語の48文字48音図に一致しているそうで、そんなカタカムナに沿って、大黒屋真由さんのカタカムナに関する講座は進められるようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

10月17日のアウト×デラックスに登場する大黒屋真由さんと、ナンバ歩きについてまとめました。

ナンバ歩き、ちょっとやってみたくなりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました