スポンサーリンク

【停電時や断水時】赤ちゃんのお風呂や入浴方法は?使える湯量別に紹介

子育て

こんにちは。

台風19号がいよいよ来ますね…。

いろいろと準備をしている方もいらっしゃると思います。

小さな赤ちゃんが家にいるご家庭で心配なのが、停電や断水になってしまった場合の赤ちゃんのお世話ではないでしょうか。

気になるのがまずミルクのこと。

次は、赤ちゃんのお風呂はどうしたらいいのかということではないでしょうか。

10月とはいえ赤ちゃんはよく汗をかきますし、おむつかぶれなども心配ですよね…。

もし停電や断水になってしまった場合、赤ちゃんをどうやってお風呂に入れてあげたらいいのか、気になりますよね。

なるべく少しの水ですっきりさせてあげられるように、使える水の量別にまとめました。

スポンサーリンク

停電時や断水時、赤ちゃんのお風呂はどうする?

断水時、水はとても貴重なものになります。

断水しなくても、停電してしまうとお風呂のお湯をあたためることができず、水しか出ないということも考えられます。

大人は数日なんとかなるかもしれませんが、赤ちゃんは汗っかき。

なるべくならきれいにしてあげたいですよね…。

まずは飲料水の用意が最優先

お風呂から少し外れてしまいますが、緊急時はまずは飲料水の確保が大前提です。

お水が最低限しかなかったら、飲むために使ってくださいね。

停電、断水になる前にポット、保温水筒、鍋などにお湯を用意

停電、断水になってしまう前に、準備として家にある保温性のある容器にお湯を作って入れておきます。

ポットや保温水筒がいちばんですが、なにもない場合はいちばん保温性の高い調理器具(鍋、圧力鍋、炊飯器など)にとにかくお湯を入れておきましょう。

発泡スチロールの箱などがあったらそこにバスタオルでくるんだ鍋を入れておくと暖かさは長持ちします。

次からは、赤ちゃんの入浴方法を水の量別に紹介します。

スポンサーリンク

水がほとんど使えない場合は濡れたガーゼで拭く。拭く順番が大事!

まだお風呂に入れてあげられるくらい水の余裕がない場合について書きます。

その場合は、濡らしたタオルやガーゼで体を拭いてあげてください。

お湯で濡らせるのがいちばんですが、お湯はありますか?

上記のように備えてあるお湯があったらそれを使ってください。

粉ミルクを作るお湯は熱湯に近くないとだめですが、濡れタオルのお湯くらいだったら多少ぬるくても大丈夫です。

もしカセットコンロなどでお湯が沸かせる場合はそのお湯を使ってください。

おしりふきやウェットティッシュはあまり多用するとアルコールなどで赤ちゃんの肌が荒れることもありますので、使いすぎは禁物です。

濡れタオルが作れるなら、ウェットティッシュで拭いた次の回は濡れタオルで拭くなど、交互に使うといいです。

濡れタオルやガーゼの使い方ですが、お湯を含ませたらびちゃびちゃではなくふつうに絞ってください。

びちゃびちゃだと上手く乾かせなくて荒れの原因になります。

さらに、乾くまで身体が冷えて風邪の原因にもなります。

寒い場合は服は脱がさなくて大丈夫です。

拭く場所だけそのときに脱がしてあげてください。

最低限の水できれいにしてあげるためには拭く順番が大事です。

沐浴の時と同じように顔から行きましょう。

頭から下に向かって上半身、下半身と順番に拭きます

お腹や背中など広いところは簡単でいいです。

汚れがたまりやすい首のシワや脇、ひじやひざの裏や関節、むちむちして肌が重なってしまっているところは念入りに拭いてあげてください。

さらに、しっかり乾かすことも大切です。

すぐにオムツをつけずに、きちんと乾いてからつけてあげてください。

可能であれば朝夕1日二回くらいすれば、かなり清潔は保てると思います。

スポンサーリンク

お湯が沸かせる状態なら、水にお湯を足して洗面器1杯のお湯で洗う

もう少しお水が使えて、さらにお湯が沸かせる状態でしたら、少しのお湯をわかしてお水と混ぜて適温のお湯を作ってください。

適温のお湯の量は洗面器一杯くらいで大丈夫です。

そのお湯にガーゼを浸して赤ちゃんを洗ってあげてください。

新生児の沐浴みたいなかんじですね。

お風呂場にお湯の入った洗面器を用意します。

お湯にガーゼをひたして、そのガーゼで赤ちゃんを拭いてあげてください。

こちらもまずは顔から洗ってあげてください。

お湯だけだときれいにならないところは石鹸で軽く洗いましょう。

その石鹸をまたガーゼや手で水をすくって流してあげてください。

ボディソープなどはぬるぬるして水切りが悪いのでできればふつうの石鹸がいいです。

最後に残った洗面器のお湯で座浴してあげるといちばんいいと思います。

もう少しお湯が使える状態ならベビーバスや洗面所、湯船に少しだけお湯を張る

さらにもう少しお湯が使える状態でしたら、ベビーバスや洗面所、もしくは湯船に少しだけお湯を張りましょう。

赤ちゃんだけならそんなにお湯の量はいらないです。

5センチくらいでも洗えます。

お水に沸かしたお湯を足して適温のお湯を作って、お風呂に入れてあげてください。

その場合も洗面器と同じで赤ちゃんを最初からお湯につけるのではなく、全て洗ってから最後に赤ちゃんをお湯につけてあげると最後までお湯に石鹸や汚れが入らずにきれいに使えます。

スポンサーリンク

すすぎのいらない沐浴剤スキナベーブを使う

スキナベーブってご存知ですか?

赤ちゃんが生まれたときに産院などでサンプルをもらったことがあるかもしれません。

こちらはちょっと変わった商品で、お湯にスキナベーブを溶かして、その中で赤ちゃんを洗います。

すすぎは必要ありません。

ちょっと不思議ですよね…。

お湯がたくさん使えない場合や、石鹸で洗うにはすすぎ残しが心配な場合は、洗面器などに張ったお湯にスキナベーブを適量溶かしてそのお湯でガーゼで拭いてあげればおしまいです。

そういえば家にあったな…という場合は使ってみるのもありかもしれません。

ただし、肌に合わない場合は湿疹などを引き起こす場合がありますので、最初に使う際はよく様子を見てくださいね。

私だったら、もし使ったことがなかったら、心配なので水かお湯だけで済ますかな…と思います…。

まとめ

停電や断水時、水やお湯があまり使えない場合の赤ちゃんの入浴方法についてまとめました。

とにかくしわになっている部分だけでも拭いてあげると違うと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

これ本当に危ないです、気をつけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました