スポンサーリンク

【停電や断水】赤ちゃんのミルクの作り方はどうする?今困っている人へ

【停電や断水したとき】赤ちゃんのミルクはどうする?必要なものまとめ 子育て

こんにちは。

台風19号がいよいよ来ますね…。

いろいろと準備をしている方もいらっしゃると思います。

小さな赤ちゃんが家にいるご家庭で心配なのが、停電や断水になってしまった場合の赤ちゃんのお世話ではないでしょうか。

とくに心配なのが、ミルクで育てているママだと思います。

ミルクにはお湯が必要ですが、停電してしまった場合のお湯はどうやって確保したらいいのでしょうか。

停電の際、赤ちゃんのミルクをどうするかについてまとめます。

事前の準備についてもまとめています。

※ですが、今困っている人は、とにかくご近所のお湯が作れる人に助けを求めてください。

緊急時にはこれしかないです。

お風呂の入れ方についてはこちらにまとめました。

スポンサーリンク

停電時や断水のときに赤ちゃん用ミルクの作り方は?

粉ミルクは水だけでは作れません。

熱湯で溶いて、冷ましてから使用する必要があります。

そのため、電気やガス、水が止まったときには作ることがとても難しいという難点があります…。

もともとミルクを使っていない完全母乳の方も、災害時にはショックやストレスで母乳が止まったり出づらくなったりする方もいます。

そうなった場合、粉ミルクは赤ちゃんの唯一の栄養源になります。

ポットのお湯が冷めちゃったら息子のミルク作れなくなっちゃう こんな時の為にもっとたくさん知識つけとくべきだった。 赤ちゃんいる家庭の方、どうするのですか?

引用:twitter

2018年の北海道地震の際、このようなツイートが話題になりました。

停電だけでガスは供給されている場合、ガスコンロのあるご家庭はガスでお湯を沸かすことができますが、オール電化の場合はお湯を沸かすことができなくなってしまいます。

そんなときどうしたらいいでしょうか。

また、事前にやっておける準備はあるでしょうか?

今すぐなんとかしないといけないとき。なにもないときは、避難所や近所の方に助けてもらう

停電時に自宅でお湯を沸かす方法がない場合は、いますぐ近所の方に助けを求めてください

緊急時です、自分だけでなんとかしようと思わないでください。

困っていると意外と思いつきませんが、周りに助けてもらってください。

近所のカセットコンロがある家に行ってお湯を作ってもらってください。

もし飲料水がある場合は自宅から持って行ってそれを沸かしましょう。

ご近所の方にとっても緊急時です、できることは自分でもやりましょう。

また、その際は保温のできる水筒などを持参しましょう。

赤ちゃんのお世話は24時間です。

真夜中のミルクを見越して、ご近所の家をノックできる時間に準備しましょう。

でももし真夜中にどうしようもなくなってしまったら、そのときは助けてもらってくださいね。

避難所が動き出していれば、ミルク用のお湯をもらうこともできます。

しかし、災害時は避難所が動き出すまでに時間がかかることもあります。

まずは近くの友人や知人、親戚、近隣の方に頼るのがいいです。

スポンサーリンク

停電や断水が来る前にやっておくことは飲料水の確保

まず、停電に備えてやっておくことをまとめます。

今回の台風19号の場合は、あまりに強大なため断水の恐れもあります。

そのため、まず飲料水は絶対に確保しておいてください。

飲料水は、仮にミルクではなく母乳で育てている方にとっては、お母さんのために必要です。

お母さんの水分が足りないと母乳が作られなくなります…。

赤ちゃんのためにはお母さんが元気でいることが一番です。

くれぐれも、ひとりでがんばろうと思わないでください。

いつもの粉ミルクを多めにストックして準備しておく

飲料水とともに、いつも使っている粉ミルクを少し多めに用意しておきましょう。

自然災害時には粉ミルクが品薄になることが想定されます。

買い占めではなく、必要な範囲で、でも心配にならない程度に用意しておきましょう。

特に、アレルギー用のミルクを使っている赤ちゃんは、ミルクがなくなると死活問題ですのでしっかりと準備しておきましょう。

スポンサーリンク

乳児用液体ミルクも災害時の備えとして有効

2019年3月、日本国内でも、乳児用液体ミルクがやっと解禁されましたよね。

いままで、繰り返し要望されてきましたが、今後、出生数が減って行く中で需要が見込めないこともあり、国内メーカーは液体ミルクの生産に消極的でした。

そんな中、災害時に備えた備蓄という必要性があり、やっと承認、そして販売されるようになったのです。

液体ミルクは粉ミルクよりも割高ですが、なによりそのままあげられるというすばらしい利点があります。

もしもまだ台風真っ只中ではなく液体ミルクを買いに行ける環境だったら、念の為準備しておくのが一番です。

停電や断水時に備えてポットや保温水筒にお湯を入れておく。なかったら保温性の高い鍋と発泡スチロールの箱とバスタオル

粉ミルクを使う場合は、お湯の確保がマストです。

停電時に備えてポットや保温水筒にお湯を入れておきましょう。

ポットや保温水筒はありますか?

ミルク派のママは、外出時のお湯のために保温水筒を持っていると思いますが、もしなにもなかったら、家でいちばん保温性が高いと思われる鍋などにお湯を沸かして発泡スチロールの箱に入れておいたり、バスタオルで包んでおいてください。

なにもないよりマシだと思います。

スポンサーリンク

電気もガスも止まってしまったらカセットコンロとガスボンベ

電気もガスも止まってしまった場合に使える器具といえばカセットコンロ(卓上コンロ)です。

ガスボンベとともに用意しておきましょう。

当然ながら、お湯だけでなく離乳食などにも使えます。

もしキャンプをするご家庭なら、キャンプ用品でお湯を沸かすことももちろん可能です。

ですが、キャンプ用品が家にある家庭は卓上コンロがある家庭より少ないと思います…。

使い終わった哺乳瓶はどうやって洗うの?消毒がレンジ派の人も煮沸派の人もミルトンを用意

なんとかミルクが作れても、次に必要になるのが終わった哺乳瓶をどうやって洗ったらいいかということ。

普段哺乳瓶の消毒みなさんどうしていますか?

レンジで消毒派が多いのではないでしょうか。

ですが停電時はレンジが使えません。

次に思いつくのは鍋で煮沸ですが、こちらもガスコンロがないと難しいです。

こんなときはミルトンです。

つけおきして消毒できるあれです。

産後入院していたとき、病院ではミルトンで消毒していたことが多かったと思います。

病院でもらったサンプルなどがもしあったら使ってみてください。

ミルトンがない場合は、ご近所のお湯が沸かせる方のところに行きましょう。

スポンサーリンク

使い捨ての哺乳瓶が便利!

世の中には使い捨ての哺乳瓶もあります。

たとえば、おでかけ用ほ乳ボトルchu-bo!(チューボ)という商品です。

災害用に、準備しておくといいかもしれません。

ただ、普段と違う哺乳瓶のため、もしかしたら赤ちゃんが嫌がるかもしれません。

そこが心配ですね…。

本当だったら通常時に試しておくのがいちばんですが、でももしものときのためには持っておいてもいいと思います。

どうしようもなくお腹が空いたら不慣れなものでも赤ちゃんは飲んでくれます。

赤ちゃんのお世話のために停電時、災害時の備えに必要なもの(紙おむつ、おしりふき、ビニール袋)

ほかに、赤ちゃんのお世話をするうえで停電時必要なものをまとめます。

紙おむつ

まずは紙おむつです。

普段布おむつ派の方も、災害時は断水、停電が予想されます。

洗えなくなってしまいますので紙おむつは多めに用意しておきましょう。

使用後の紙おむつを処理する袋

使用後の紙おむつを処理する袋もあったほうがいいです。

災害時はごみの収集などがストップします。

実際に、今回の台風で、台風がまだ来ていなくてもごみの収集を取りやめている地域もあります。

ごみがたまったらベランダなど外のゴミ箱に出している方も多いと思いますが、台風時はゴミ箱が飛ばされる恐れがありますので玄関などに避難させると思います。

そんなときに気になるのが匂いです。

スーパーのレジ袋などでもいいので、赤ちゃんの使い終わったおむつを包んでおくと匂いが軽減されます。

もしあまりない場合は、何回かまとまったあとにビニールに封をするでもいいと思います。

おしりふき

意外と使うのがおしりふきです。

普段おしりふきを使わない方、いつもお湯で流してあげている方も、断水してしまったらお世話ができなくなってしまいます…。

こんなときのためにはおしりふきが便利です。

おしりふきという名前ですが要はウェットティッシュなので、実は赤ちゃんのお世話以外にも使えます

食器などが洗えなくなってしまったときに拭いたりすることもできますので、赤ちゃんのお世話がない家庭にもあると便利です。

スポンサーリンク

赤ちゃんのお世話には明かりの確保が必要!懐中電灯を準備

もし停電してしまったら、夜中のお世話が真っ暗になってしまいます。

なにも見えないとオムツ替えもままなりません。

そんなときのために懐中電灯などの明かりを用意しておきましょう。

もしなにもない場合はカーテンを開けましょう。

まわりのすべて停電してしまっている場合はやっぱり真っ暗かもしれません…でも、街灯などのほうが復旧は早いので、少しは明るさの頼りになると思います。

まとめ

停電時に赤ちゃんのミルクを作るために必要なことをまとめました。

いろいろと準備しておいても、もしかしたら停電にならないかもしれません。

使わないかもしれません。

ですが、備えがあるというだけでもお母さんの心の支えになります。

準備しておいて損はないです。

あとはとにかく、被害がないことを祈ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お風呂の入れ方についてはこちらにまとめました。

これ本当に危ないです、気をつけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました