スポンサーリンク

福原志保のプロフィールと経歴は?大学高校きっかけwikiも調査!

福原志保バイオアーティストのwikiプロフィールと経歴大学やきっかけは? メディア

こんにちは!

10月11日は「いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP」ですね!

  • 今知りたい天才軍団の超ルール発表!
  • 私たちとどこが違うのか?
  • さんま岡村がネチネチ聞き出す!
  • 天才のスランプ脱出法は?
  • 体調管理に必ずすることは?
  • 佐藤浩市&綾野剛が驚愕

ということで放送が楽しみですね。

こちらに世界を飛び回る奇抜な美人科学アーティストとして福原志保さんが出演されます。

科学アーティスト、聞き慣れない言葉ですね。

一体どんな方なのでしょうか?

今日は、福原志保さんのプロフィールや経歴、どこで働いているのか、さらに福原さんが生業としているバイオアートって一体なに?ということをまとめました!

福原志保の結婚した旦那は誰?子供はハーフ?家族父母兄弟も調査!
こんにちは!10月11日は「いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP」ですね!今知りたい天才軍団の超ルール発表!私たちとどこが違うのか?さんま岡村がネチネチ聞き出す!天才のスランプ脱出法は?体調管理に必ずすることは?佐藤浩市...

スポンサーリンク

福原志保(ふくはらしほ)さんはバイオアーティスト(美人科学アーティスト)!プロフィールを紹介!wikiはある?

まずは福原さんのwikiを探してみたのですがまだなかったようなので、こちらでプロフィールをご紹介します。

名前 福原志保(ふくはらしほ)

生年月日 1976年

年齢 43歳(2019年10月)

出身 新潟県

職業 バイオアーティスト、アーティスト、研究者、開発者

福原志保(ふくはらしほ)さんの経歴

福原さんの幼少期は映画大好き少女!

福原さんは小さい頃から映画が大好きだったそう。

小学生の終わりくらいからどっぷりとはまっていました。

近所のレンタルビデオ店に通っては、自前の“映画ノート”に気になったことを書き留める日々だったそう。

中学生の頃、特に好きだったのが、ゴダールの『アルファヴィル』やトリュフォーの『華氏451』。

とくにSF作品をよく観ていたそうです。

『スター・ウォーズ』も好きだけれど、それよりもっと社会的な作品が好きだったそう。

パラレルワールドを描いたような作品に惹かれたといいます。

福原さんの現在の活動に結びつきますね。

当時の福原さんは映画をつくりたくてつくりたくてしょうがなかったそう。

ですが、どう行動したら良いのかわからなかったといいます。

スポンサーリンク

英語が超苦手だった彼女が英語を克服した理由

さらに、今では想像つかないですが福原さんは英語は超がつくほど苦手だったそう。

中学2年生になっても、助動詞のcanとbe動詞の違いも分からなかったとのこと。

私も英語が壊滅的にだめだったのでちょっと救いになります…。

さすがに危機感を抱いたご両親は、福原さんに英語の家庭教師をつけました。

この家庭教師の言葉が、福原さんの人生を動かすことになります。

それは

「映画が好きなら、登場人物が言っていることが分かるようになったらいいんじゃない?」

という言葉でした。

たしかに、語学はツールですもんね。

大好きな映画のためなら苦手な語学もがんばれますよね!

高校に入ると、放課後はほぼ毎日語学学校に足を運び、フランス語を叩き込みました。

フランスとイギリスに語学留学へ

そして高校を卒業後、18歳から語学留学を目的にフランスへ留学します。

みんなが話すことやその価値観の違いなどに子どもの頃から興味があって、語学を勉強するのが好きになった福原さんはいよいよ世界に飛び出します。

そんなある日、福原さんはふと気づいたそう。

自分が好きなのは、映画そのものではなく、映画がつくられる過程、携わる人々が発するエネルギーなのではないかと。

そこから福原さんは映画監督ではなく撮影監督を目指すようになります。

でも、実際にフランスに留学したら想像以上に大変だったそう。

フランスでの生活は生活するだけで精一杯。

そして本当にやりたいはずの「映画」にたどりつく前に、やはり「語学」でつまずきます。

しかし、言語を学ぶなかで、後に福原の仕事に大きく関わることになる「エンジニア」の人々に出会い、ここでもまた、他人の言葉によって福原さんの人生が動きます。

「もっと英語を頑張れば?」

というエンジニアの友人の一言。

次に、英語を学ぶために今度はイギリスに渡ります。

でも、語学を頑張っても頑張っても、いまだに映画に携わることができない毎日。

ヨーロッパに渡って3年が過ぎていました。

そこでアートと運命的な出会いを果たします。

スポンサーリンク

興味を持ったのは語学学校の隣のアートの大学!

語学学校の隣のアート学校に興味を持った福原さん。

すると、そちらが気になって気になって仕方がなくなったそう。

その大学で、初めてバイオアートの存在を知ることになります。

作品を通して社会とコミュニケーションをとるアーティスト活動にどっぷりとはまりました。

さらに大学院に進み、インタラクティヴ・デザインを修了した福原さん。

また、フランス外務省給費生としてパリ滞在、パレ・ド・トーキョー「Le Pavillon」にも参加しました。

福原さんは2004年ゲオアグ・トレメル(Georg Tremmel)とBiopresence社とアーティスティック・リサーチ・フレームワーク(アーティスティック・リサーチ・プラットフォーム)BCLを設立します。

そして、2007年より活動拠点を日本に移しました。

2014年からは導電性デニムのテキスタイルを開発する、Google ATAPとリーバイスによる「Project Jacquard」に参加。

さらに2015年から2016年にかけて、BCLとして金沢21世紀美術館で展覧会『Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊』を開催しました。

バイオの領域から作品を発表していますが、そんなセンセーショナルな作品は物議を醸すことも。

以来、様々なプロジェクトで不可能に挑み、社会に問いを投げかけています。

スポンサーリンク

福原志保(ふくはらしほ)さんの学歴は?高校や大学、大学院はどこ?バイオアートとの出会いやきっかけは?

福原さんは語学留学のために訪れたイギリスで、語学学校の隣のアート学校に興味を持ちます。

そこで初めてバイオアートを知ります。

そのアートの大学こそ、セントラル・セント・マーチンズ(セントラル・セイント・マーティン)

ロンドン芸術大学の中のカレッジの一つで、著名なデザイナーを輩出している大学です。

CSMの略称でも知られています。

さらに学ぶため、大学院に進んだ福原さん。

2003年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(王立美術院)のインタラクティヴ・デザインを修了します。

こちらはイギリスのロンドンにある国立の美術大学で、修士号と博士号を授与する美術系大学院大学としては世界で唯一の学校でした。

福原さん、映画のための語学留学をしてバイトアートにはまるなんて、思ってもみなかったでしょうね。

福原さんの高校については具体的な名称は出てきませんでしたが、新潟の高校に通っていたではないかと思います。

福原志保(ふくはらしほ)さんはどこで働いているの?googleや早稲田大学でも活躍!

福原さんは自ら設立した組織だけでなく、「長期的にものを見て開発に携わるクリエイティブな仕事において、企業にもアーティストが必要だ」というコンセプトを掲げ、Googleの正社員としても働いています。

さらに、早稲田大学理工学術院 電気・情報生命工学科でバイオの研究と制作を行っています。

すごい多忙ですね…!

スポンサーリンク

福原志保(ふくはらしほ)さんのバイオアートって一体なに?

福原さんのアートはバイオアートと呼ばれます。

一体どんなものなのかというと、バイオテクノロジー(生物工学)とアートをかけ合わせた作品のことです。

アートの分野での幅広い経験と、技術的な専門知識を結び合わせ、アートをさまざまな形に広げ、問題提起をしようとしています。

わかったようなわからないようなかんじなので、いくつか福原さんの作品をご紹介します。

おばあちゃんの遺伝子が入ったりんごを食べられますか?

福原さんは、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート在学中に発表した「Biopresence(バイオプレゼンス)プロジェクト」で注目を集めます。

これは、身内など亡くなった人のDNAを木の細胞内に保存して、墓標代わりに木を育てるというプロジェクトでした。

墓石は冷たいイメージがありますが、木なら抱きついたり、木陰で過ごしたり、違ったコミュニケーションが生まれると福原さんは言います。

その斬新な発想が評価され、英国科学技術芸術基金のパイオニア・アワードを受賞しました。

亡くなった人の遺伝子が入った木が育つ…その方がいなくなっても木は成長する。

どう思いますか?

もしかしたら、それで救われる人がいるかもしれません。

実際にこのアイデアを発表したあと、福原さんのもとに、一人のおばあちゃんがやってきたそう。

そして「死んでも埋められないのよね。存在し続けて、成長していくんでしょ。私、死ぬのが怖くなくなったの

と言ったといいます。

このおばあちゃんは、それだけを言うために、電車を乗り継いで福原さんのもとにやってきたそうなんです。

少なくとも、福原さんのアイディアはこのおばあさんに深く深く響いたということですね。

おばあちゃんの救いになったんですから、すごくいいですよね。

このおばあちゃんのためだけにでも、実現させたい、と強く思ったという福原さん。

ですが、ここからが大変で、実はこのプロジェクトは実現には至っていません。

というのも遺伝子を操作するというと必ず出てくる問題、それが「倫理」でした。

このアイディア、技術的には不可能なことではないんだそう。

ですが、研究所をまわっても「ヒトの遺伝子を木の細胞に入れるなんて、イメージが悪い」という判断が下されました。

北欧から中国まで片っ端から研究所に連絡したそう。

それでも、誰も首を縦に振ってくれなかったそうです。

たしかに、たとえば亡くなった人の遺灰を肥料にするとか、そうして育てた木、とかだったらとくに問題ないような気がしますが遺伝子を使うっていうとことがポイントですよね…。

ですがそこであきらめないのが福原さん。

自分でやるしかないと心に決めます。

ウェブ上にアイデアを投稿し、アイデアを知ってもらうことに力を注ぎます。

というのも、アイデアは、どんどん人に言った方が現実に近づくと思うから、とのことです。

ほんとにそうですよね。

私も夢はどんどん発信しようと思います。

そんな福原さん、投稿を繰り返すうちに、早稲田大学理工学術院の岩崎秀雄教授に出会います。

「科学者になりたかったけれど、じつはアートをやりたかった」という岩崎教授。

「生命って何?」「死って何?」。そんな問いかけをすると、科学と哲学は近いのではと思うようになったそう。

「何かを突き詰めたい」と考えるという意味では、アーティストも科学者も変わらないし、分野は違っても、親和性が高いのではないかと思った福原さん。

もっと科学の世界に身を置きたい、と早稲田大学理工学術院に籍を置くことを決めました。

早稲田大学との縁はここから始まったんですね。

実際に故人の遺伝子を木に埋め込む機会はまだなく、ビジネスとしては成立していません。

ですが、まさに当初の狙い通り「社会にインパクトを与え議論を生むアート作品」となりました。

これ、たとえが「おばあちゃんの遺伝子」でしたが、これがたとえば、若くして亡くなった自分の子どもだったり、大切なペットだったりしたらどうでしょうか…。

少し前に中国で亡くなったペットのクローンを作って物議を醸しましたが、それが樹木だったら?

なかなか考えさせられます。

スポンサーリンク

初音ミクの遺伝子で人工心臓を作成?ボーカロイドなのにバイオ?

さらに、金沢21世紀美術館での展覧会では、ヴォーカロイドの初音ミクの遺伝子と細胞を生成し、人工心臓を展示しました。

まず初音ミクの遺伝子というのがとっても斬新。

しかも人工心臓まで作ってしまうとは…。

初音ミクは、デジタルデータでできた存在であり、科学的には生命ではないにもかかわらず、生命“的”な存在としてファンの心を掴んでいて、それが彼女のすごいところだと福原さんは言います。

今のところデジタルな存在は生命ではないとされていますが、初音ミクは未来における“新しい生命”を考えさせてくれるキャラクターなのではないか。

そうした観点からつくった展示だったそう。

そこで、初音ミクを形成するのに必要であろう遺伝子を作って、iPS細胞ベースの心筋細胞にその遺伝子を入れることで人工心臓となるものを作ったんだそう。

最初は生きている人間のアイドルの遺伝子を使おうと思ったそうなんですが、そちらはなかなか規制が厳しく、いろいろと考えているうちに初音ミクが降りてきたそう。

ところで、遺伝子組換えをした木は大学院の卒業展に出品できなかったのに、初音ミクの心臓は展示できちゃうというのがちょっと不思議な感じがしますよね。

ですが金沢21世紀美術館のキュレーターに確認してもらったら、あっさりと許可が取れたそう。

現在の規定では、動物や植物由来の遺伝子組換え生物はラボから出してはいけない決まりがあるそう。

ですが、人間由来の細胞でつくった遺伝子組換えであれば出してもいいそうなんです。

うーん、ややこしいです…。

日本はiPS細胞を発明し、再生医療技術として推進させようとしているために、人間由来のiPS細胞なら認可されるらしいです。

人間だって動物だし、初音ミクは人間なのかという話は置いておいて、いろいろ抜け道はあるということなんですね。

ところで初音ミクで何かを作るときの条件は、声を変えないことだそう。

逆に言えば、それ以外は何してもいいんだそうです。

でも、その条件があることで、何をしたところでどう見ても初音ミクになります。

たしかにそうですよね!

初音ミクって、声とあの青い髪さえあればどんなものでも「初音ミク」という存在になりますよね。

そんな、存在自体が複雑で曖昧な初音ミク。

調べれば調べるほどインターネット的な存在であり、また遺伝子のあり方と似ていてはまったそう。

遺伝子は物質ですが、目には見えず、ATCGとかの配列が書いてあるわけではないので、抽象存在のようなもの。

それが集まると、一人の人間だったり植物だったりが生まれるわけです。

初音ミクの場合も、抽象的な存在でありながら、具体的なイメージが見る人たちに共有されているというのがまさにバイオアートにぴったりだったそうです。

おもしろいですね…!

まとめ

いかがだったでしょうか。

10月11日の「いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP」に出演する美人科学アーティストこと福原志保さんのプロフィールや職場、そしてお仕事としているバイオアートについてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

福原志保の結婚した旦那は誰?子供はハーフ?家族父母兄弟も調査!
こんにちは!10月11日は「いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP」ですね!今知りたい天才軍団の超ルール発表!私たちとどこが違うのか?さんま岡村がネチネチ聞き出す!天才のスランプ脱出法は?体調管理に必ずすることは?佐藤浩市...

コメント

タイトルとURLをコピーしました