スポンサーリンク

荒川真衣まいころは昆虫を食べる!オニヤンマと結婚したい!エピソード紹介

メディア

こんにちは!

現役看護師でタレントのまいころさんこと荒川真衣さんが話題です。

かわいいのはもちろんなのですが、特筆すべきは強烈なキャラクターです。

というのも、彼女は昆虫が大好き、さらにその昆虫を食べるのも大好きなんだそうです。

すごいインパクトです(^^;)

今日はそんな荒川さんの昆虫への愛と、日々の昆虫料理をご紹介します。

虫が苦手な方はくれぐれもご注意ください。

スポンサーリンク

荒川真衣さん(まいころ)は昆虫が大好き!

荒川さんは昆虫が大好きです。

そんな荒川さんの昆虫大好きエピソードをご紹介します。

「まいころ」の由来はフンコロガシから!

荒川さんのニックネームはまいころです。

真衣さんだから「まいころ」なのはわかるのですが、なぜ「ころ」がつくのかというと、目指す女性像が「フンコロガシ」だからなんだそうです。

フンコロガシの「ころ」なんですね〜!

なぜフンコロガシが目指す女性像なのかはよくわかりませんでした…きっといい虫なんだと思います。

荒川さんは昆虫を男性として見てしまう!好きな男性はオニヤンマ!

荒川さんは、昆虫のことが大好きなだけでなく、男性として見てしまうんだそうです。

男性として見るって一体どういうことなんでしょうか(^^;)

恋愛対象ってこと?

さらに、昆虫のなかではオニヤンマをこよなく愛しているとのことです。

オニヤンマとはそう、日本最大のトンボですね。

トンボみたいな男性、世の中にいるのでしょうか…。

こんなに虫好きなきれいなお姉さんがいたら、小学生の男の子とかにめっちゃモテそうです。

荒川さんは家で爬虫類達と昆虫300匹と暮らしている

荒川さんは都内で一人暮らしとのことですが、爬虫類達と昆虫300匹と暮らしています。

300匹!

想像もつかないです。

家には大量のコオロギがいるそうです。

さらに、爬虫類の餌を荒川自さん自身も食べるそう。

たしかに、爬虫類って生きている虫しか食べないって聞いたことある気がします…だから虫を育てていて、さらにその虫を自分も食べちゃうんですね(^^;)

そのため次世代昆虫食女子と言われています。

看護師のボーナスで虫を買う

虫が大好きな荒川さん。

ボーナスももちろん虫に使います笑

今年のボーナスではアトラスオオカブトを買ったそうで、眺めながら食べるランチは最高だそうですよ(^^)

スポンサーリンク

荒川真衣さん(まいころ)は昆虫食(昆虫を食べる)のも大好き!

荒川さんは昆虫が好きなだけでなく食べるのも大好きだそう。

実家は田舎で、自然を大切にするおじいさんの影響で小さな頃からマムシや蛇や虫を食べていたそうです。

現在は、昆虫食は未来の食と考え、世間に広めようと活動しています。

確かに昆虫は高タンパクで低カロリーって言いますもんね。

ちょっと前にミドリムシがはやったような…。

ちなみに、荒川さんの料理にはコオロギがよく出てくるのですが、コオロギは、

  • 高たんぱく質
  • カルシウム豊富
  • オメガ脂肪酸豊富 (必須脂肪酸、コレステロール値を下げる…)

という成分だけ見るとすばらしい食材です。

食べ物としてすばらしい可能性を秘めているということはわかります。

わかりますが、でも、ちょっと、きびしいです…。

が、荒川さんは昆虫をガンガン食べていますので、一部をご紹介します。

苦手な方はご注意くださいね…。

まいころさんの昆虫食「虫パン」

まずはソフトにちょっと引いた写真から。

こちらはパンです。

虫パン…違いました蒸しパンかな?

よく見ると虫がトッピングされています…。

この虫は竹虫というそうです。

すでになかなかきびしいです。

次に行くのが不安になってきました…。

材料は、

  • 竹虫 お好みの量
  • ホットケーキミックス 150グラム
  • 卵 1個
  • 牛乳(豆乳) 100cc
  • 砂糖 大さじ2杯
  • 塩 少々
  • 蜂蜜 お好み

です。

虫がいなければめっちゃふつうですね…。

スポンサーリンク

まいころさんの昆虫食「茶碗虫」

お次は茶碗蒸しならぬ茶わん虫です。

見た目はふつうの茶わん蒸しですね。

茶わん蒸しといえばだし汁に卵、そして具材ですね。

荒川さんのこだわりは「だし」です。

だしにはなにが使われているかというと、「コオロギ」だそうです。

コオロギ100%のお出汁で作った茶わん蒸し!

うわぁ…。

ちなみにコオロギのだしがどんな味なのかというと、「香りはエビ」だそう。

コオロギにはアスタキサンチンっていうエビと同じ成分が入ってるからだと思うとまいころさんは言っています。

たしかに、エビもよくよく考えるとなかなかけっこうな見た目ですよね。

虫も同じだと思えばだしを取るのも納得です。

ぎりぎり…。

材料はこちらです。

  • 卵 1個
  • 水150cc
  • コオロギ 片手一杯
  • 砂糖 小さじ一杯
  • 塩 少々
  • みりん 小さじ2
  • お好きなキノコ 

コオロギじゃなくてかつおぶし片手いっぱいとかだったらふつうなのに…。

ブラックスコーピオンの食べるラー油和え

最後は見た目からしてかなりやばいやつです。

ブラックスコーピオン、つまりサソリですね…。

もはやかっこよさすら感じます。

インスタ映えしまくりです。

サソリを食べるラー油であえてご飯に乗せていただきます。

夏にぴったりの辛口で、サソリの外骨格は硬いので歯ごたえも良いそうです。

やっぱり甲羅?があるのでエビとかカニみたいなかんじなのでしょうか。

材料はこちらです。

  • ブラックスコーピオン 1匹 (タイ産)
  • サラダ油 大さじ1杯
  • ごま油 少々
  • 食べるラー油 大さじ2杯
  • コチュジャン 小さじ1
  • 唐辛子 お好みで

こちらもブラックスコーピオンの存在感がはんぱないですが、エビとかだったらいけそうです。。

虫を食材として日常使いするまいころさん、お料理はとっても上手なんだと思います!

まとめ

いかがだったでしょうか。

まいころさんこと荒川真衣さんの昆虫愛のエピソードと、昆虫食をご紹介しました。

なかなかのインパクトです。

これからもご活躍をお祈りしています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました