スポンサーリンク

【名港水上芸術花火2019台風で中止】順延振替チケットの払い戻し方法は

名港水上芸術花火2019台風で中止?順延やチケットの払い戻し方法は メディア

こんにちは!

10月12日はいよいよ名港水上芸術花火2019ですね。。

最近は夏休みではなく9月や10月の花火大会が増えてきましたね。

涼しいのはいいのですが、気になるのはお天気です。

今週末の連休も、台風が心配ですよね。

そこで今日は、名港水上芸術花火2019の概要や、雨天の場合について、また、順延や中止になってしまった場合チケットの払い戻しがあるのかどうかをまとめました。

※10月12日に予定されていた名港水上芸術花火2019ですが、残念ながら中止が決定しましたので、詳細を追記しています。別途振替公演が開催される予定です。

スポンサーリンク

名港水上芸術花火2019(第5回)について

芸術花火シリーズとは、国内最高峰の内閣総理大臣賞受賞花火師達の芸術玉を中心に組み合わせて構成され、音楽のリズムや曲調にシンクロするよう綿密にプログラムされた音楽花火のことです。

そのほか会場のロケーション、地域性を取り入れた大胆な演出を得意とし、高度な技術によって従来の花火大会を芸術の域に押し上げたものです。

名港水上芸術花火は特に、音楽に合わせて打ち上げる“グレートスカイアート”が特徴です。

花火打ち上げをコンピューターで制御でなんと1/30秒単位でうちあげます。

滞空時間、残存光を計算に入れ、花火を音楽のリズム・メロディー・楽器・歌詞・ボーカルに合わせて、名古屋港ガーデンふ頭のビューならではの演出が楽しめます。

また、名港水上芸術花火は花火大会にしては珍しく、全席有料という珍しい花火大会です。

というのも、大曲、土浦、長岡など大人気の花火大会はチケット販売収入で運営されているそう。

自治体予算、スポンサー協賛が減少した中で、個人が皆で支えるという考えから始まったものですが、本当の花火好きが妥協なく花火観賞するという習慣も出てきました。

花火師さん達は、有料花火での打ち上げは、その分かなり気を遣うといいます。

お金を払っている分、いい玉、いい演出、いい空間を作り出して観客を楽しませようと思うんですね。

さらにこの花火大会は名古屋港環境保全チャリティイベントにもなっています。

名古屋港環境改善協力を目的とし、音楽シンクロ花火を名古屋港ガーデンふ頭にて開催しその収益を支援金とします。

個人応援席は全席指定、そのため場所取り不要です。

全席指定なので場所取りは不要で、全ての席から大迫力の花火演出が楽しめます。

そういう花火大会も、落ち着いて楽しめていいですよね。

会場 名古屋港ガーデンふ頭

住所 名古屋市港区港町

開催日時 2019年10月12日(土) / 開場17:30 開演19:00 終演20:15(予定)

・17:30 開場

・19:00 第1部 野村花火尺玉コレクション(解説付)

・19:15 第2部 GREAT SKY ART

・20:15 花火終了(規制退場)

・21:00 終了

スポンサーリンク

名港水上芸術花火2019が雨天や荒天の場合は?

名港水上芸術花火2019は雨天決行、荒天中止となっています。

10月12日が荒天・時化(しけ)の場合は翌日13日に順延されることになっています。

翌日も荒天の場合は中止となります。

10月9日現在、公式のアナウンスとしては「今後の状況によりますが、現時点では開催にむけて準備をしております。」となっています。

しかしながら、海沿いで開催されるということもあり、今後の台風の動きに注意が必要です。

当日開催するかどうかはどこで知ることができる?

開催の有無は、当日10時に公式WEBで発表されることになっています。

公式ウェブサイトはこちらです。

名港水上芸術花火2019|花火|名古屋港
5周年をむかえる名港水上芸術花火2019!今年も全力で打ち上げます!全席指定で見る水上芸術花火の最高峰を是非お楽しみください!

名港水上芸術花火2019中止のお知らせ

名港水上芸術花火2019の公式ホームページで、残念ながら12日および翌日の13日の花火大会は行わないとし、今年の花火大会は中止となることが発表されました…。

当初の予定では当日の朝10時に開催するか決定するとのことでしたが、台風の進路がほぼ確実になり、前倒しで中止が決定されました。

台風19号の接近に伴う悪天候が予想されることから、お客様の安全を第一に考え、残念ながら公演を中止いたしますとのアナウンスが出ています。

さらに、翌日10/13(日)の順延日も、危険性を伴う設営準備等において十分な安全確保ができないため、12日(土)、13日(日)両日とも中止となりました。

名港水上芸術花火2019振替開催が決定

10月12日および13日の開催は中止となりましたが、「改めて、皆さまにお楽しみいただけるよう振替開催を別日に設ける所存」とのことで、延期となり振替開催が決定しています。

振替公演日程についての詳細は、10月17日(木)12:00に公式HPにて発表される予定となっています。 

順延または中止になった場合の個人応援協賛席券(有料観覧席)のチケット払い戻しは?

名港水上芸術花火は無料の観覧席はなく、すべてが有料の観覧席です。

そのため翌日に順延または中止になってしまった場合のチケットの取り扱いが気になりますね。

現在のところ順延もしくは中止になってしまった場合のチケットの取り扱いについては特に記載はありませんでした。

「途中終了の場合は、払戻はいたしません。」となっていますので、開催されたものの途中で終わってしまった場合の払い戻しはありません。

しかしながら、多くの花火大会では中止になってしまった場合チケットの払い戻しがありますので、名港水上芸術花火の個人応援協賛席券についても払い戻しはあるのではないかと考えられます。

公式の発表を待ちましょう。

チケットの払い戻しについて公式からアナウンスがありましたので追記します。

チケットの払戻期間・方法については、振替公演日程とともに10月17日(木)12:00に公式HPにて発表される予定となっています。

振替開催日に都合がつかない場合は、払戻しの対応がされるとのことです。

なお、チケットの再発行はできません。

振替開催・払戻ともにチケットが必要になるため大切に保存してください。

スポンサーリンク

台風19号の今後の状況について

台風19号の現在の状況をお知らせします。

大型で猛烈な台風19号(ハギビス)は、マリアナ諸島の近海を北西に進んでいます。

台風19号は太平洋高気圧の縁に沿って、段々と北寄りに進路を変えながら進む予想です。

その後、12日(土)頃には日本の南海上で進路を北東へ変え、速度を上げながら東海から関東に接近、上陸する可能性があり、次の三連休の天気に影響を及ぼす恐れがあります。今

後の進路はまだ不確定なため、随時最新の予報をご確認ください。

今週末は三連休ですが、台風19号が東日本を直撃するおそれが高まっていて、暴風や大雨などの荒れた天気に警戒が必要です。

大型で猛烈な勢力の台風19号は、日本の南の海上を北上しています。しばらくは猛烈な勢力で北西に進み、その後はやや勢力を落とすものの「非常に強い」勢力で東日本を直撃するおそれがあります。

日本列島に近づくタイミングが週末の三連休と重なり、特に12日(土)から13日(日)にかけて猛烈な暴風や大雨に警戒が必要です。

交通機関への影響も大きくなるおそれがあるため、早めに予定の変更などの検討を行ってください。

なお、台風の接近するタイミングや場所はまだ変動する可能性があるため、随時最新の情報を確認するようにしてください。

まとめ

10月12日(土)の名港水上芸術花火2019の概要や雨天の場合の扱い、また、中止になってしまった場合のチケットの払い戻しがあるかどうなどについてまとめました。

現在の台風の状況も見ましたが、かなり心配な状況ですね…。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました