スポンサーリンク

粗品は指揮者!ピアノ歴レベル腕前は?絶対音感とハンドベルも!動画

粗品は指揮者!ピアノも絶対音感もハンドベルも!演奏動画あり メディア

こんにちは!

2019年10月8日は芸能人格付けチェックMUSIC~秋の3時間スペシャル~ですね!

一流芸能人がプライドとメンツをかけて挑む『芸能人格付けチェック』、今回は、音楽芸能シーンを代表する芸能人が「一流の音」を見極める真剣勝負を展開!ということで、音楽メインになるようで楽しみですね!

こちらの「チーム旬の芸人」はチョコレートプラネットと霜降り明星ですね!

チョコプラと霜降り明星、音楽芸能シーンを代表する芸能人ということですが、音楽とどんな関係があるのでしょうか?

粗品さんは、以前クラシックCDのMVに土屋太鳳さんと出演して話題になっていました。

いろいろ見ていたら、粗品さんはピアノが弾けて絶対音感があり、さらに指揮者になるという夢があったそうなんです。

めっちゃすごいですね!

さらにハンドベルにはとても思い入れがあるようです。

そこで今日は、霜降り明星の粗品さんと音楽の関係について調べてみました!

関連記事

スポンサーリンク

粗品(霜降り明星)さんのプロフィール

まずは簡単にプロフィールと経歴をご紹介します。

名前 粗品(そしな)

本名 佐々木直人(ささきなおと)

生年月日 1993年1月7日

年齢 26歳

出身 大阪府大阪市中央区

血液型 O型

身長 180 cm

職業 お笑い芸人

趣味 アニメ、ゲーム、パソコン、麻雀、パチンコ、競馬

特技 タイピング、音楽全般、ジャンケン

粗品(霜降り明星)さんの経歴

粗品さんは、日本のお笑い芸人です。

お笑いコンビ・霜降り明星のツッコミ担当で相方はせいやさん。

吉本興業東京に所属しています。

『R-1ぐらんぷり2019』王者であり、『オールザッツ漫才』『M-1グランプリ』『R-1ぐらんぷり』最年少優勝記録保持者という輝かしい成績を持っています。

コンビではツッコミを担当し、立ち位置は右です。

同志社国際高等学校卒業、同志社大学を中退しています。

実家は焼肉屋さんで、焼肉屋開店以前は海鮮料理屋をしていました。

焼肉屋を始めた後、お父さんが亡くなります。

父の遺した店を守るべく、母親と粗品さんで切り盛りしているそうです。

粗品さんのお笑いの経歴としては、同志社国際高等学校1年生の時に、『R-1ぐらんぷり2009』に初めて出場します。

そのときは1回戦で敗退してしまいましたが、その後もコンビを組むなどしてお笑いを続けます。

大学1年生の時にオーディションを受け、ピン芸人として吉本に入ります。

そして2013年1月にお笑いコンビ『霜降り明星』を結成しました。

プライベートでは、2019年9月6日、『FRIDAY』にて一般女性とのお泊りデートが報道されましたね。

それについて、霜降り明星のラジオ番組『オールナイトニッポンZERO』にて粗品さんは、「彼女ですね」と認め、「同棲しています。だから同じマンションに住んでいます。」と明かしています。

スポンサーリンク

粗品さんの芸名の由来は?

「粗品」という芸名、かなりインパクトありますよね。

なぜ粗品さんなのかというと、「『つまらないものですが…』と謙虚な姿勢で」の意味が込められているそうなんです。

まさにめちゃめちゃ謙虚ですね。

粗品さんと音楽の関係は?ピアノもギターも指揮者も作曲もできて絶対音感もある!

粗品さんは音楽にかなり造詣が深いようです。

粗品さんのピアノ歴やギターについて

粗品さんは2歳からピアノをはじめ、ギターは中学1年生から始めたそう。

そもそも音楽が好きなので、楽器は基本何でも好きと言っています。

ピアノ歴は10年くらいだそうです。

粗品さんは絶対音感を持っている

さらに、粗品さんは絶対音感を持っているとのこと。

絶対音感とは、たとえば踏切の遮断機の音や救急車の音を聞いただけで、それがなんの音(ドとかレとか)がわかる能力のことです。

すごいですよね。

粗品さんは指揮者だった!

さらに粗品さん、過去

「お笑いやってなかったら何の仕事してましたか?」

という質問に

「指揮者」

と明かしています。

お笑い芸人と同じくらい指揮者になりたかったそうです。

というのもなんと粗品さん、高校で3年間、アマチュアオーケストラで指揮者をやっていたそうなんです。

そのためクラシックもよく聴くそうです。

粗品さんは作曲もできる作曲家!

さらに、自分で現代クラシックを作曲するくらいのクラシックフリークとのこと。

演奏家、指揮者だけでなく作曲家でもあったんですね。

すごいですよね。

スポンサーリンク

粗品さんは楽譜が好き!

粗品さん、指揮者をやっていただけあり「楽譜」にはこだわりがあるそう。

粗品さんの思う楽譜のおもしろさは、

「楽譜はすごく単純な並びですが、音符が一段違って、次もまた一段違って…というだけの連続なのに、人の心を動かしまくる、旋律が完成するというのがすごい」

と言っています。

クラシックの作曲家でいうと、チャイコフスキーが好きだそうです。

クラシック以外でいうと、ヒャダインさんが一番好きで、

「本当にすごいです、あの人は」

と言っています。

ヒャダインさんのすごさは曲が楽譜にしづらいところだそう。

粗品さん、耳コピみたいな感じで、“聴いた音を楽譜に打ち込む”ということが得意なんだそうですが、ヒャダインさんの曲は難しいと言っています。

なぜかというと、いろんな音が重なってオーケストラみたいになっているんだそう。

バンドの音楽はすぐに耳コピができるのですが、ヒャダインさんの音楽は本当にできないんです。そこが魅力的ですねと語っています。

まず耳コピできる粗品さんがすごいです、さすが絶対音感…!

粗品さんとハンドベルの関係は?

粗品さんはハンドベルにとても思い入れがあるそうです。

そこには亡くなったお父さんとの大切なエピソードがあり、過去「すべらない話」で話していたのでご紹介します。

粗品さんのお父さんは、粗品さんが子供の頃から病気がちで体が弱かったそう。

よく病気にかかり、入院している事や寝込んでいる事が多かったと言っていました。

粗品さんの父親が病気で自宅療養中のときに、毎日の水分を取る量をお医者さんから指示を受けていたことがありました。

ほとんど寝たきりの状態だったので、自分で冷蔵庫まで水を取りにいくこともできず、「水ちょうだい」と言うのもつらい状態だったそうです。

粗品さんのお父さんは最初、手拍子を二回打つのが「水が欲しいサイン」と家族にお願いしていました。

でも数日後に、こんな風に偉そうに頼むのは嫌だと言ったそう。

色々と考えた結果、粗品さんはハンドベルを購入しました。

粗品さんだけでなく、粗品さんのお母さんにも音楽の才能があり、絶対音感があるんだそうです。

だから二人なら、聞いただけでハンドベルの音がなんの音なのか分かるんです。

なので、ハンドベルで「ド」なら水、「レ」ならお茶、のように決めて、音で伝えることにしたんだそう。

昔から粗品さんはアイディアマンだったんですね。

お父さんもこれを了承し、ハンドベルで希望を伝える生活が始まりました。

それによって、粗品さんもお母さんも、ハンドベルの音を正確に聞き取ってきちんと飲み物を持っていくことができました。

そんなある日、お父さんの部屋からぽろんぽろんとハンドベルの音が聞こえてきたそう。

音は一つ鳴りふたつ鳴り、気づけばメロディになっていました。

その日はちょうどクリスマスで、お父さんはなんとハンドベルで「きよしこの夜」を演奏していたんです。

ハンドベルはひとつでひとつの音しか出ません。

違う音を鳴らしたかったらベルを持ち替える必要があるので、お父さんのきよしこの夜はとてもつたなかったそう。

ですが、それを聞いた粗品さんはお父さんの部屋に駆けつけます。

そうしたらお父さんは寝たままで泣いていたと言います。

涙を流しながら、

「すまんなぁ、自分の責任でこんな体になってしもうて。こんな家族に迷惑をかけて、せっかくのクリスマスも俺のせいで台無しやなぁ、すまん」

と言うお父さん。

粗品さんもその言葉に号泣しながら、

「父ちゃんそんなこと言わんといてくれ。俺そんなん微塵も思ってない。親父家族やねんから負い目感じんといてくれ。」

と伝えたそうです。

お父さんも粗品さんの返事に「そうかぁ」とまた涙。

なんてすてきなエピソードなんでしょうか。

ところが、ここで話が終わらないのがさすが粗品さんご家族。

粗品さんとお父さんが涙を流していると、うしろからお母さんが家中の飲み物を持って走ってきたそうなんです!

お父さんの鳴らしたきよしこの夜を「飲み物の依頼」だと思って持ってきたそう笑

すべらない話だけあってまでオチまでついているなんてすごすぎます。

ハンドベルは、今でも大切に持っているそうです。

お父さんとの大切な思い出ですね…。

スポンサーリンク

粗品さんはひとりバンドに挑戦していた!

以前粗品さんは凄い特技としてひとりバンドを披露していました。

この企画は楽器が一通り弾けるという粗品さんがギター、ベース、ピアノ、ドラム、そしてボーカルまで全て自分で演奏するというもの。

それぞれ別々に収録し合成したのですがすごい完成度だったそうです。

さすが粗品さんですね!

粗品さんはピアノの腕前やレベルを買われてクラシックMVに出演していた!演奏動画あり

粗品さん、そのピアノの腕前を買われてクラシック100枚というクラシックのキャンペーンで、世界的なピアニストであるラン・ランさんと土屋太鳳さんと3人でピアノを演奏しました。

「普段お笑い芸人として仕事していると無縁なんですが、音楽の仕事はやってみたいと思っていたのですごくうれしかったです」

と言っています。

ふだん見られない緊張した面持ちの粗品さんを見ることができますよ!

しかも噂どおり上手です!

詳細はこちらです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

2019年10月8日は芸能人格付けチェックMUSIC~秋の3時間スペシャル~に霜降り明星の粗品さんが登場するということで、粗品さんと音楽についてまとめました。

格付けチェックでもその実力を発揮してほしいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました