スポンサーリンク

グランチーノ(チェロ)の値段や特徴は?相場や音色もチェック!

グランチーノ(チェロ)の値段や特徴は?音色や相場もチェック! メディア

こんにちは!

2019年10月8日は芸能人格付けチェックMUSIC~秋の3時間スペシャル~ですね!

一流芸能人がプライドとメンツをかけて挑む『芸能人格付けチェック』、今回は、音楽芸能シーンを代表する芸能人が「一流の音」を見極める真剣勝負を展開!ということで、音楽メインの放送になるようですね!

楽しみです。

格付けチェックといえば、毎回高価な楽器が登場しますよね。

今回も、バイオリン、ピアノ、チェロとお高い楽器がそれぞれ登場します。

ということで今日は、格付けチェックの三重奏で登場した世界五大チェロの一つ「グランチーノ」について調べてみました!

スポンサーリンク

チェロってどんな楽器?

まずはチェロという楽器についてご紹介します。

チェロはヴァイオリンの仲間で、もともとの名前は「ヴィオロンチェロ(Violonchello)」と言います。

主にオーケストラでは中音域〜低音域を担当します。

大きさはだいたい小学生中学年から高学年くらいの子供の身長と同じ高さくらいで、コントラバスよりも少し小さいです。

宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」の「セロ」はチェロのことで、街の楽団でチェロを演奏する青年ゴーシュが、動物たちとのふれあいを通して音楽の才能を開花させ、また人間的にも成長するお話です。

宮沢賢治はチェロ奏者であったため、ゴーシュはチェロ弾きとして登場しました。

また、ひと昔前はサントリーウイスキーのCMでヨーヨー・マがリベルタンゴを弾いて一躍有名になった楽器でもあります。

新世紀エヴァンゲリオンでは主人公の碇シンジくんがバッハの無伴奏チェロ組曲を弾いているシーンもありました。

このように、意外とさまざまな場面で登場している楽器です。

チェロがバイオリンやコントラバスなど他の弦楽器と違うのは,座って演奏するところです。

チェロは大きくて持つことが出来ません。

そのためボディの下の部分に「エンドピン」と呼ばれる長い棒のような支えを床に起き,椅子に座って演奏します。

アンサンブルなどではサポート役に回っているイメージのチェロですが、メロディーの演奏も得意で、ソロでも張れるオールラウンダーです。

チェロの持つ音色の特徴としては、「男性の声の音に近い」と言われています。

さらに楽器本体は、女性の身体の形をみたてて作ったといわれています。

こう聞くととっても色っぽい楽器ですね。

スポンサーリンク

チェロの値段や価格は?相場をチェック!

さて、そんなチェロですが、いくらくらいするのでしょうか?

一般的にはチェロ本体、弓、ケースなどをセットで購入して20万円くらいからのようです。

Amazonでは5万円くらいから見かけましたが、果たして音が鳴るのかどうか不安です。

もしも本気で購入を考えている場合は、まずは一度楽器店に行ってみてくださいね。

買うか買わないかは別として、いろいろ見せてもらえますよ。

もしレッスンについていたり、つく予定がある方は先生と相談するのが一番です。

楽器の世界は値段はあってないようなものです。

紹介などで値段はころころ変わります(^^;)

世界五大チェロの一つ「グランチーノ」の特徴や製作者は?

さて、今回格付けチェックにも登場する「グランチーノ」は世界五大チェロの一つと言われています。

なんと、世界に50本ほどしか現存しない名器なんだそう。

なぜ「グランチーノ」という名前なのかというと、楽器を作った人の名前から取られています。

グランチーノはジョバンニ・バティスタ・グランチーノ(Giovanni Battista Grancino)という製作家が作った楽器です。

1673年生まれ~1730年没。

グランチーノは17世紀後半から18世紀前半にかけてミラノで活躍した製作家で、ミラノ派の始祖として、テストーレ、ランドルフィら後世の製作家に影響を与えたそうです。

ということでグランチーのはイタリアの楽器なんですね。

家系については様々な説があり不明な部分もあります。父パオロはクレモナのアマティの弟子と言われています。

彼の楽器の多くは当時のクレモナ(イタリアで楽器製作が盛んであった場所)における主要な製作者に比べ、良質な材料が用いられていないそうなのですが、その美しいf字孔と深く彫り込まれたスクロールから、彼が高い技術を持った職人であることがわかると言われています。

スポンサーリンク

グランチーノの値段は?

さて、そんな貴重なグランチーノですが、お値段はなんと市場価格2億円!!

さすが弦楽器のオールド楽器は値段がハンパないです。

さきほどのチェロの相場20万円と比較すると、えーと100倍のお値段ですね。

ちなみにグランチーノはチェロだけでなくバイオリンも作っており、そちらも状態が悪くて安いものでも1000万円〜3000万円ほどするそうです。

普通レベルで4000万~5000万円くらいで、よいものなら億を超えるそう。

一体どんな音がするんでしょうね。

まとめ

2019年10月8日は芸能人格付けチェックMUSICのチェック6「三重奏」に登場するオールドチェロ「グランチーノ」についてご紹介しました。

グランチーノにもびっくりですが、やはり数十億円するストラディバリウスは桁違いなのだということがわかりました…。

出演者のみなさんが音を聴き分けられるか楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました