スポンサーリンク

【ビクトリーロード】歌詞と動画はここ!ラグビーワールドカップ

【ビクトリーロード】歌や歌詞動画はここ!ラグビーワールドカップ スポーツ

こんにちは!

今日10月5日は愛知・豊田スタジアムで日本―サモア戦が行われます。

そこで、ラグビー日本代表へ歌でエールを送ろうという取り組みが広がっているのでご紹介します!

歌や歌詞はとっても簡単ですぐ覚えられます。

スタジアムでなくともファンゾーンやテレビの前で歌ってみんなで応援しましょう!

10月5日のサモア戦、熱かったですね…!

次は10月13日のスコットランド戦です、楽しみですね!

スポンサーリンク

日本代表のチームソング「ビクトリーロード」とは?

日本代表のチームソング「ビクトリーロード」を歌って選手を勇気づけようという呼び掛けが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で広がっています。

きっかけは、

「海外チームには応援するための『うた』があるんですよね。たとえば、ジャパンも、『ここぞ』というときに『ビクトリーロード』をうたいませんか。ファンたちがひとつになって」。

という書き込みでした。

こちらはラグビーW杯日本大会のキャッチコピー「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」を考案したコピーライター、吉谷吾郎さんが呼びかけたものです。

3日夜にツイッターで書き込むと、4日に拡散しました。

さらに、元日本代表主将の広瀬俊朗さんも「豊田スタジアムで歌おうという企画あります。皆さんどうですかー」

と呼び掛けてさらに広がっています。

スポンサーリンク

日本代表のチームソング「ビクトリーロード」を作った山本幸輝選手の思い

ビクトリーロード」は「カントリーロード」の替え歌で、日本代表の最終候補まで残った山本幸輝選手(ヤマハ発動機)がチームの士気を高めようと考えたものなんです。

ムードメーカーのプロップ山本選手は、映画「耳をすませば」の主題歌「カントリーロード」の歌詞を、チームの歩みに変換しました。

ワールドカップの登録メンバーは31人。

大会直前に惜しくも落選した山本選手は、戦友たちへ思いを託しました。

8月27日、午後6時、宿舎内のミーティングルームに合宿参加の41人が集められます。

2日後に世間へ知らされるW杯登録メンバー31人のその内部発表でした。

耳をすませた山本選手の名が、スタッフに呼ばれることはありませんでした。

どれだけ厳しい練習の後も円陣を作り、締めを担当する山本選手のかけ声で笑い合ってきました。

山本選手も整理しきれない複雑な感情を抱き、自室に向かったといいます。

エレベーターでは居合わせた仲間から「お疲れ!」と声をかけられたそう。

エレベーターを降りた山本選手。

1人になったはずが、後ろを堀江選手がついてきたそう。

部屋で2人きりになると、公私で慕う先輩から切り出された。

「よぉやったよ、お前。ほんまに…。よぉやった」

と先輩から言われて山本選手は涙が止まらなかったそうです。

話を聞いたこちらも泣けてきます…。

日本の誇りを胸に抱き、何度も隣でスクラムを組んできた先輩。

いつも励まし合い、歯を食いしばって走ってきた。そんな先輩の心遣いが、うれしかったと言います。

16年に代表入りし、初めはアピールで精いっぱいだったそう。

「最初の2年間はチームのためというより、自分のため。選手の多くがそんな感じだった」

と言います。

現体制の特徴の1つが半数近い外国出身選手でした。

そんなチームを結束させる仕掛けに歌が用いられたんだそう。

15年W杯イングランド大会では、ニュージーランド出身のツイが担当し、ボブ・マーリーの「バッファロー・ソルジャー」の替え歌を作っていたといいます。

2019年2月、山本選手は東京で行われた日本代表候補合宿に参加していました。

そこで偶然目を通した記事には「山本幸輝に(曲作りを)依頼している」とあったそう。

リーチ主将のコメントに驚き「聞いてへん!」とツッコミを入れながら「やるしかない」と奮い立ちました。

同部屋は15年W杯代表の三上正貴選手でした。

ベッドに寝ころびながら「みんなで歌いやすい歌」を1週間近く考え込みました。

2人でひらめいたのが「カントリーロード」

そこに代表の歩みが重なる歌詞をつけました。

2学年下の流選手に披露すると「2回り目、3回り目とテンポを上げましょう」と提案を受けたそう。

山本選手は

「今までの自分なら多分、他の選手の活躍が悔しくて見られなかった。でも、今の日本代表は本当に応援したい気持ちになる。」

と言います。

ビクトリーロードにはそんな思いが込められています。

W杯代表入りに一歩届かなかった山本選手も「みんなで歌いましょう」と呼び掛けています。

その書き込みを見た吉谷さんは

「メンバーから外れた選手の作った歌をファンも応援するなんてすてきなストーリー」

と実現を願いました。

豊田スタジアムで「ビクトリーロード」の大合唱をぜひとも聞きたいですね!

スポンサーリンク

ビクトリーロードの動画と歌詞はこちら!

ビクトリーロードを作った山本選手自身が歌う動画はこちらです。

ビクトリーロードの歌詞は一つ目と二つ目でほんの少し違っていて、二つ目が正しいそうです。

念の為書きおこしておきます。

ビクトリーロード

この道ずっとゆけば

最後は笑える日が来るのさ

ビクトリーロード

カントリーロードのメロディに合わせて歌ってくださいね!

ツイッターでは歌うタイミングについて、

  • 試合直前の練習から選手が引き揚げる時
  • 選手の入場時
  • ハーフタイム
  • 勝利した後

などさまざまな意見が飛び交っています。

スポンサーリンク

サモア戦でビクトリーロードを大合唱!

10月5日のサモア戦、すごかったですね…!

ビクトリーロードの浸透にはあと少し…!というかんじでしたが、午後4時から有志が集まり、スタジアム外周で練習していたそうなんです。

始まったばかりの新しい試みなので大合唱とはいきませんでしたが、新しい応援スタイル構築への第一歩になったのではないでしょうか。

日本代表が試合前の直前練習を終えてロッカールームに戻る際には、一部のファンが歌って見送ったそう。

そのときも、残念ながら歌声は拍手にかき消されたそうなのですが、選手の耳には届いたかな?

少なくとも聞いていた人たちはいたということで、これからもっと広まってほしいです…!

次は10月13日の日産スタジアムでのスコットランド戦

それまでにもっともっと浸透してみんなで歌って応援したいですね。

10月5日の試合で、世界ランキング8位の日本が同15位サモアを38-19で下しました。

これによってA組3位以内が確定し、2023年W杯出場権を獲得しました。

スコットランドは4年前に敗れた相手。

世界ランキングは9位です。

日本が勝ち点5を追加し、3連勝で勝ち点は14となりました。

実力が上位のスコットランドが9日にロシアから、アイルランドが12日にサモアからいずれも4トライ以上で勝利し、勝ち点5を奪うと仮定すると、日本は13日のスコットランドとの1次リーグ最終戦で勝つか引き分けで、史上初の8強入りが決定ります。

日本は敗れた場合でも突破の可能性はあり、7点差以内の敗戦、または勝敗に関係なく4トライ以上でそれぞれ獲得できるボーナスポイントがからんできます。

日本が敗れた場合、スコットランドの勝ち点は14か15。

スコットランドに4トライ以上を奪われ、スコットランドが15となると、日本は4トライ以上かつ7点差以内の敗戦でボーナス点2を獲得する必要があります。

スコットランドが3トライ以下なら、日本はボーナス点1を確保すれば勝ち点で上回ります。

スコットランドが9日のロシア戦で引き分け以下か、アイルランドが12日のサモア戦で負け、もしくは3トライ以下の引き分けに終われば、その時点で日本の決勝トーナメント進出が決まります。

スコットランドの試合結果からも目が離せません。

まとめ

ラグビーワールドカップ日本代表のチームソング「ビクトリーロード」をご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました