スポンサーリンク

旅行先でも大活躍!水着が長持ちする洗い方と早く乾かす方法

水着を早く乾かす方法 おでかけ

こんにちは!

海やプール、夏になると水着の出番が増えますね。

とくに旅行先では、毎日夕方まで泳いで、また次の日朝から泳いだり、水着は連日大活躍です。

ところで水着の正しいお手入れ、知っていますか?

そして、泳いだらすぐに濡れるとはいえ、水着がきちんと乾いていないと、次に着るときじめじめして気持ち悪いですよね…。

そこで今回は、意外と知らない水着の長持ちする洗い方と、早く乾かす方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

水着の正しい洗い方

長持ちさせるためには、水から上がってすぐと、帰ってから、ふたつのポイントがあります!

まずは帰る前にすること

プールや海から上がって着替えたら、帰るまでに下準備をしておきましょう!

これで水着がぐんと長持ちしますよ!

水で洗いましょう

海水には塩分が、プールの水には塩素が含まれています。

それらは水着の変色や色落ちの原因にもなるため、水着を脱いだあとはなるべく早く水で洗いましょう!

タオルに挟んで水気を取りましょう

濡れた水着はタオルに挟んで、丁寧に水気を取りましょう。

水着を絞るのは、型崩れの原因になるのでやめましょう!

乾いたタオルに挟んで持ち帰りましょう

水着は、乾いたタオルに挟んで持ち帰りましょう。

家に帰ったら

なるべく早く水洗いしましょう

ビニールバッグのまま放置すると劣化を早めます。

面倒でも帰ったらすぐ洗いましょう!

洗うときは水もしくはぬるま湯で押し洗いをします。

絞ったり水着の記事をこすり合わせて洗ったりするのは生地が傷む原因になるのでやめましょう。

汚れが落ちない場合は中性洗剤で落としましょう

水着は基本的には水洗いのみで大丈夫です。

ですが、ぬるま湯で洗っても日焼け止めや汚れが落ちないときや塩素の匂いが気になるとき洗剤で洗います。

色あせや生地の劣化を防ぐために洗剤は中性洗剤を使用しましょう。

中性洗剤をぬるま湯に溶いて、再びていねいに押し洗いします。

干すときは形を整えてから陰干しで!

水着は伸縮性があり型崩れを起こしやすいです。

ハンガーなどを使って形を整えてから乾かします。

ハンガーにかけるときは、水着が二つ折りになるようにかけると重さでの型崩れを防げるのでおすすめです。

また、直射日光は水着の変色の原因になるので必ず陰干ししましょう。

スポンサーリンク

早く乾かすためには脱水の方法と干し方がポイント!

水着って、しっかり水を切って干したつもりでも、しばらくして見ると水がしたたっていたり、下のほうに水がたまっていたりしますよね…きちんと脱水すると乾くまでの時間がぜんぜん違うので、ぜひ以下の方法を試してみてください!

洗い終わったらタオルで脱水しましょう

乾いたタオルに洗った水着を挟んで、水気を取ります。

ここで早く乾かすポイント!

バスタオルを床に置いて水着を置き、くるくると巻き寿司のように巻きます。

巻き終わったら床に置いたまま足でぎゅぎゅっと踏みましょう!

手で挟むより圧倒的にしっかり脱水できます。

私はかれこれ数十年このやり方で脱水しています 笑

おもしろいくらい水が切れますよ!

このやり方で脱水してから外に干すと、たとえば、14時に持って帰ってきた水着が夕方までに乾きます。

※型崩れが気になる水着のは足で踏まずに手でやってください。

さらに早く乾かしたい場合…

どうしても早く乾かしたい場合は、水着をバスタオルに包み洗濯ネットに入れて、洗濯機で脱水しましょう。

やってはいけないこと

水着は熱に弱いので、ドライヤーやアイロンを使って乾燥すると劣化します。

熱による乾燥は絶対に避けてください。

干し方

風通しのよい場所で乾かしましょう。

屋外に干すのができない場合は室内で扇風機をあてて乾かしましょう。

空気の動きがあることで早く乾きます。

さらに、水着をそのまま干すのではなく薄手の乾いたタオルで挟んでの風が当るように干すと、普通に干すより乾きが早くなりますよ!

正しいお手入れですっきり乾いた水着で明日もたくさん泳ごう!

いかがだったでしょうか?

1 水着を脱いだらその場ですぐに水洗い

2 乾いたタオルに水着を挟んで持ち帰る

3 自宅でぬるま湯で手洗い

4 乾いたタオルに挟んで水気をとる

5 陰干しする

と、知ってしまえば難しい手順もなく、思ったよりお手入れ簡単なんだなぁと思いました。

また、脱水するときは、バスタオルに挟んで足で脱水すると、手で挟むよりしっかり脱水できて早く乾きますよ!

正しくお手入れしてお気に入りの水着を長持ちさせましょう。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました