スポンサーリンク

中秋の名月にお供えする食べ物はこれ!最中(もなか)の由来は?

中秋の名月と最中 まなび

こんにちは!

中秋の名月にはさまざまなものをお供えする習慣があります。

お月見団子やすすきは有名ですが、なかには最中(もなか)を食べる習慣もあるそうです。

最中と中秋の名月の関係は?

最中を食べるようになったのはいつごろからなんでしょうか?

スポンサーリンク

2019年の中秋の名月はいつ?

今年(2019年)の中秋の名月は、9月13日(金曜日)です。

「中秋の名月」には月を眺めて供え物をする習慣がありますが、そもそも「中秋の名月」とはなんでしょうか?

昔から、秋こそが月を見るのに良い季節とされていましたが、旧暦の秋である7月~9月のちょうど真ん中の日が「中秋」8月15日です。

そのため、8月15日を「中秋の名月」と呼んで月を愛でることにしたのです。

なお、似た言葉に「仲秋」がありますが、「仲秋」は8月全体を指します(七月は孟秋(初秋)、九月は季秋(晩秋))。

なぜ秋に月を見るの?

その理由は、満月の高さと天気です。

月の通り道は、夏は低く冬は高くなります。

低いより高いほうが見やすいですが、高すぎても見上げるのが大変ですし、そもそも冬は外に出てお月見をするには寒くて厳しい季節です…季節もよく、ちょうど見上げるのに適した高さの満月となると、春か秋になります。

しかし「春がすみ」や「秋晴れ」という言葉があるように、天気の良さでは断然秋!

そこで、秋が月見のシーズンとなったとされています。

中秋の名月のお供えものいろいろ。お供えする理由とは?

中秋の名月ではいろいろなものをお供えする習慣があります。

お供え物

月見団子

お月見のときにお供えするものとしては、まず「月見だんご」があります。

旧暦の8月15日の夜(中秋の名月)と、同じく旧暦の9月の十三夜のお月見に供える団子のことをいいます。

枝豆、栗

旧暦の9月の十三夜のときには、枝豆を供えるという風習があります。

そのためこの十三夜を「豆名月」と呼ぶこともあります。

栗を供えることもあり、「栗名月」と呼ばれることもあります。

里芋、さつまいも

中秋の名月に里芋を供えるという習慣も一般的です。

里芋は、この時期は収穫期の始めにあたりますが、この出はじめの芋を煮る、あるいは蒸してお供えします。

この里芋を供える風習は、少なくとも室町時代にまでさかのぼるものです。

中秋の名月に芋を飾ることから、この名月を「芋名月」と呼ぶこともあります。

すすき

さらに、お月見の風物詩としてよく出てくるのが、すすきです。

これも、中秋の名月でお供えすることが一般に行われています。

お供えをする理由

さて、このようにいろいろな食べ物をお供えして月を愛でるのはなぜでしょうか。

秋はちょうど、いろいろな作物が収穫の時期を迎えます。

上で述べた、枝豆、里芋、そして団子の材料となるお米なども、秋が収穫のシーズンです。

月は、ほぼ30日で満ち欠けを繰り返します。

夜空で規則的な満ち欠けをする月は、古来からカレンダーとして重宝されてきました。

農耕では種まきや収穫の時期をいつにするか、といったときに、月の満ち欠けを基準とした暦を頼りにしてきました。

そのように農耕に役立ってきた月に感謝の意を込めて、収穫された作物をお供えして感謝の意を表した、ということがそもそものお供え物の意味だったと言われています。

スポンサーリンク

最中(もなか)は中秋の名月に由来する食べ物?

上記のお供えもののほかに、

・最中(もなか)

・スイートポテト

・おしるこ

を中秋の名月に食べる事もあるそうです。

最中(もなか)の由来

「最中」という言葉の起源は、約1,200年前の平安時代、歌人・源順(みなもとのしたごう)が、

水の面に照る月なみを数ふれば今宵ぞ秋の最中なりける

と詠んだことにあるといわれています(「拾遺集」)

水面にうつる月を見ていたら、今日は満月だった…みたいな意味でしょうか。

最中の月とは陰暦十五夜の月(中秋の名月)のことです。

のちに、宮中での月見の宴の時に出された白くて丸い餅菓子を見て、 源順の歌を知っていた公家達が「最中の月」と話していたのがそのままお菓子の名前になったといわれています。

それから約1,000年後の江戸時代中期、現在の「最中」の起源とも呼べる菓子が吉原の当時の煎餅屋「竹村伊勢」で売り出されました。

名前はずばり「最中の月」。

さきほどの句にちなんだ名前です。

もち米粉に水を加えて、こねたものを蒸したあとで焼き、砂糖をまぶした干菓子であったようです。

最中の「月」というくらいですから、主に丸いものが主流で、四角いものは「窓の月」と呼ばれていました。

さて、現在の最中といえばなかに餡子が入っているのが主流ですが、まだ餡子は入っていません。

さらにその後、餡を「最中の月」で挟んだものが「最中饅頭」として売り出され、これが現在の最中の原型となったそうです。

さらにその後、明治以降には金型技術の進歩のおかげで様々な「最中」が誕生するようになりました。

皮や形に様々な改良がなされ、現在の”最中”というお菓子になります。

丸形だけでなく、様々な形で作られるようになったため、「月」が省かれて、「最中」と呼ばれるようになりました。

これが最中の由来です。

おしるこ、スイートポテトは?

おしるこ

月見団子はお供えしてからいただきます。

供えている間にかたくなってしまった団子をおいしく食べるのに、おしるこはぴったりですね!

スイートポテト

お月見には季節の収穫物をお供えします。

さつまいもも秋の収穫物ですので、スイートポテトにしておいしくいただくようになったそうです。

スイートポテトの形はラグビーボールのような形がメジャーですが、まんまるに形づくればお月さまみたいですね!

お団子のように重ねて飾ることもできそうです。

まだお団子を食べさせるのは心配な小さなお子さんなどにいいかもしれません。

お菓子の最中(もなか)の由来は中秋の名月から!

いかがだったでしょうか?

最中というお菓子の由来が中秋の名月から来ていたんですね!

今年のお月見にはお団子だけでなく最中はいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました