スポンサーリンク

ドラマ怪談牡丹燈籠のあらすじとキャスト紹介!原作のネタバレ感想も

怪談牡丹燈籠 メディア

こんにちは!

この記事では、この秋放送される新ドラマプレミアムドラマ「令和元年版 怪談牡丹燈籠」についてご紹介します!

「怪談牡丹燈籠」は、「四谷怪談」「皿屋敷」と並び、日本三大怪談と言われています。

原作は初代三遊亭圓朝による長編落語で、歌舞伎化もされています。

お話の有名な部分としては、

「浪人の新三郎がお露という娘と知り合いお互い一目ぼれし深い仲に…しかしお露は恋煩いで亡くなり、夜ごと牡丹灯籠を下げて新三郎の元を訪れ、逢瀬を重ねる…」

というところです。

ですが、この話は本来の「怪談牡丹燈籠」の一部分で、ドラマではその続きも語られます。

今回はキャストやあらすじ、そして原作やネタバレまですべて紹介していきます。

スポンサーリンク

プレミアムドラマ「令和元年版 怪談牡丹燈籠」放送日とあらすじ

放送予定

2019年10月6日(日)スタート

BSプレミアム 毎週日曜 よる10時(全4話)

<第1話のみ79分 、第2~4話 各49分>

その後、BS4Kでも、前編「因の巻」・後編「果の巻」(各120分)で放送予定。

脚本・演出

源孝志(「京都人の密かな愉しみ」「スローな武士にしてくれ」)

音楽

阿部海太郎

出演

尾野真千子 柄本佑 若葉竜也 谷原章介 戸田菜穂 石橋菜津美/中村七之助 上白石萌音/犬山イヌコ 中原丈雄 笹野高史 伊武雅刀 /段田安則/ 髙嶋政宏 ほか

語り

神田松之丞

制作統括

千野博彦(NHK)、伊藤純 川崎直子(NHKエンタープライズ)、八木康夫(オッティモ)

あらすじ

不朽の人間愛憎劇「怪談牡丹燈籠」を令和元年の新たな視点で完全映像化!

恋焦がれて死んだ美貌の娘の幽霊が、カラン、コロンと下駄の音を響かせ、夜ごと愛しい男を訪ねる、という幻想的なシーンが有名な傑作怪談「牡丹燈籠(ぼたんどうろう)」。

実はこの「お露・新三郎」の怪談話は、初代三遊亭圓朝(さんゆうていえんちょう)による長編落語のほんの一部にすぎません。原作は、お露の父・平左衛門とその忠臣・孝助、お家乗っ取りを企(たくら)む希代の悪女・お国と、その間男(まおとこ)・源次郎、強欲な町人夫婦・伴蔵とお峰・・・。

男女の色と欲が生々しく交錯するドロドロの人間ドラマであり、20年にもわたる壮大な敵討ち、因果応報の物語になっています。

最後には「幽霊より人間が怖い」と感じさせる傑作長編愛憎劇を、新たな視点と演出で今回初めて完全映像化!

ワイヤーアクションや特殊メイク、チャンバラもふんだんに投入。

和製ホラーの決定版を、現代日本を代表する俳優陣でお届けします。

スポンサーリンク

原作「怪談牡丹燈籠」のあらすじと感想をくわしく紹介!ネタバレ注意

原作は、文久元年(1861年)作の三遊亭円朝の怪談噺がもと。

三世河竹新七が歌舞伎用に脚色し明治25年に初演されたものと、昭和49年に文学座のために書き下ろされて初演されたものをのちに歌舞伎に移植したものと、ふた通りあるそうです。

あらすじ

旗本の飯島平左衛門の娘お露は、一目惚れした相手の萩原新三郎に恋い焦がれ死んでしまい、乳母のお米もあとを追って死んでしまいます。

それを聞いて以来、新三郎は念仏三昧の日々を送っていました。

お盆の十三夜、新三郎の家に、なんと、お米に伴われてお露が訪ねてきます。

その手には牡丹燈籠が下げられいて…。

死んだと聞かされたふたりの訪れに驚く新三郎ですが、久しぶりの再会を喜び、睦みあうふたり。

それを下男の伴蔵が覗いています。

蛍が飛び交う蚊帳の中をよく見れば、新三郎と一緒にいるのは骸骨・・・。

平左衛門の後添えのお国は隣家の次男源次郎と実はいい仲。

浮気現場を平左衛門に見つかっても悪びれず、源次郎をけしかけて平左衛門を斬り殺させます。

伴蔵の様子がどうもおかしい。

蚊帳の中で誰かと話しているようなので、女房のお峰は蚊帳を取っ払うと、伴蔵はひとりで、汗びっしょり。

新三郎を守るために貼ったお札をはがし、新三郎に持たせた死霊除けの尊像も取り上げてくれないか、とお米が頼みに来たのだと言います。

それを聞いた女房のお峰は、突飛なことを言い出します。

「百両持ってきてくれたら、お札をはがして差し上げます、と言え」

やがてあらわれたお米に話をすると、お米は了承し、金は明晩と約束します。

これで貧乏暮らしとはおさらばだ、と夫婦は笑いが止まりません。

翌日、夫婦ふたりで新三郎を見舞う伴蔵とお峰。

金無垢の尊像をすり替えて幽霊を待っていると、空から小判が降ってきます。

お札もはがすと、お露とお米は礼を言って家の中に入っていきます。

結局、幽霊に手招きされて、新三郎はあの世へと旅立ちます…。

それから一年。

伴蔵とお峰の夫婦は幽霊からもらった百両を懐に故郷に帰り、関口屋という荒物商いの店を構え、たいそう繁盛していました。

一方、源次郎とお国は平左衛門を殺したあと、有り金を奪って逃げましたが途中で源次郎の足が萎え、身ぐるみもすっかり盗まれて哀れな暮らしをしています。

そんななか、お国が料理屋で酌婦として稼ぐうちに、関口屋と知りあい深い仲になってきました。

亭主の浮気を人から聞いて知ったお峰は、帰ってきた伴蔵と一悶着。

頭に血の上ったお峰は、つい幽霊からもらった百両のことを口走ってしまいます。

一方お国は、同僚の姉が平左衛門殺害時にとばっちりで死んだ女中だと知ります。

因縁におののいたお国は源次郎にすがりつきますが、源次郎は刀を抜いて暗闇に切りかかり、足をもつれさせ転んだ拍子に自らを突き刺してしまいます。

それに抱きついて、お国も果てます。

さて、土手を行くのは伴蔵とお峰の夫婦。

悪い噂が広まる前に逃げようと、例の金無垢の尊像を掘り出しに来たのです。

お峰に見張りをさせて伴蔵が掘り出しにかかったと思いきや、

なんと隠し持った脇差でお峰の横腹を突く伴蔵。

また何かの拍子に旧悪をわめかれてはたまらないと口封じに殺害してしまったのです。

帰ろうとすると、川の中から白い手が伸びてきて、伴蔵を引きずり込みます…。

スポンサーリンク

感想

原作は三遊亭円朝の口演を速記で写した本で、明治時代の時、最新技術であった速記で記録されたもので、初めて口語文体で書かれた本だそうです。

作者による口演を速記で読み物にしてあるので、江戸言葉のリズムが伝わってきます。

本を読みながら江戸時代の登場人物像を頭に描くとともに、円朝の口演を寄席で聞いているように各登場人物の声色や状況説明を噺家の声で想像するということもできます。

牡丹燈籠といえば「下駄の音がカランコロン」という部分が有名で、私もそこしか知らなかったのですが、それはお話のごくごく一部でした。

意外なほどに「怪談」要素は薄く、どちらかというと「仇討」が主な要素でしょうか。

圧巻なのは、劇中の登場人物の多さと、彼らの関連性の複雑さ、「奇縁」とはよくいったものです。

意外な所で意外な人物がつながり、「因果応報」をも考えさせてくれる内容です。

やっぱり何が怖いって、幽霊より人間です!悪さをするのは人間、怖いのは人間。

最後は大団円となるのが救いですが…全体を通せば、怪談というより人間の業を描いた作品です。

キャスト(出演者)とコメントはこちら!

お国(くに) 役

主演・尾野真千子さん

今回の脚本ではお国がいまだかつてなく深く描かれており、今まで幽霊の出てくるファンタジーと思われてきた物語に濃厚な人間味が出ていてワクワクしました。

お国は欲望に抗えない性格の悪い女ですが、その存在はとても生々しく現代的で、女として気持ちがわかる部分もあります。面白がって演じようと思っています。

宮辺源次郎(みやべ げんじろう) 役

柄本佑さん

歌舞伎などでは、情けない男として描かれる源次郎役が本作品では一筋縄ではいかない悪人キャラとして丁寧に描かれていて、皆が知っている「牡丹燈籠」とはかなり違った新しい「牡丹燈籠」になっています。

源次郎役はいわゆる「色悪」。

型があるようでないので、昔の長谷川一夫や市川雷蔵の時代劇を見直して研究中です!

萩原新三郎(はぎわら しんざぶろう) 役

中村七之助さん

今の時代ならではの解釈がとても面白い脚本だと思いました。

新三郎は運命的な恋をして人生が激変し、真実の愛を知ってしまったがゆえに悲しい結末を迎えます。

愛を貫く姿は、はかなくも美しく、とても演じがいがあります。

私にとっては久しぶりの映像作品です。見てほしくないような恥ずかしい気持ちもありますが、見逃せない作品になると思います。

どうぞお楽しみください。

スポンサーリンク

お露(つゆ) 役

上白石萌音さん

人間の愛憎が交差する物語に、文字を追うだけで心が乱れました。

そしてみなさんと初めて顔を合わせて読み合わせをした日の緊張と感動のまま、現場でも濃密な時間を過ごしています。

ひとの真ん中を覗いてしまうような感覚の怪談になると思います。

先輩方の背中を追って精一杯努めます。

飯島平左衛門(いいじま へいざえもん) 役

髙嶋政宏さん

脚本を読んで、とにかく興奮しました!

レ・ミゼラブルのように極悪人だけが幸せになるわけでも、ゾンビのように屍人との戦いに明け暮れるだけでもない!

その根底には本格時代劇がある!

紛れも無く、そこには正義がある!

物語の流れの中に楔のように所々に打ち込まれるエロス。

その構成の妙により、まるでボディブローのように効いてくる、この奇跡の作品!

皆さんの眼でお確かめください!

その他キャスト

黒川孝蔵役 若葉竜也さん

山本志丈役 谷原章介さん

お米役 戸田菜穂さん

お峰役 犬山イヌコさん

伴蔵(ともぞう)役 段田安則さん

NHKプレミアムドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』に注目!

いかがだったでしょうか?

「お国」がどのように描かれるのか、楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました