スポンサーリンク

ラン・ラン(郎朗ピアニスト)がイケメン!嫁ジーナ・アリスもかわいい!

ラン・ラン(ピアニスト)がイケメン!嫁ジーナ・アリスもかわいい! アーティスト

こんにちは!

女優の土屋太鳳さんと、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品さんと中国出身の世界的なピアニスト、ラン・ラン(郎朗)さんが共演したミュージックビデオが8月2日19時から公開されますね。

ラン・ランさん、パフォーマンスはもちろんですが、顔もイケメン。

楽しそうに演奏する姿にこちらまで幸せになります。

3人の動画は美男美女揃いで見ているだけでも楽しいですね。

しかもラン・ランさん最近ご結婚されたのですが、奥様がめちゃくちゃきれいな方なんです。

ということで、ラン・ランさんやそのお嫁さんについてリサーチしてみました。

スポンサーリンク

ラン・ランさん(ピアニスト)のプロフィール

名前 ラン・ラン(Lang Lang・郎朗)

生年月日 1982年6月14日

年齢 37歳

出身地        中華人民共和国

職業  ピアニスト

ラン・ランさん(ピアニスト)の経歴

ラン・ランさんは中国ナンバーワンピアニストとも言われている方です。

アメリカのメディアから「この時代の天才で、最も輝くアイドルスターでもある」とも呼ばれ、中国人ピアニストとして初めて、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やアメリカの五大オーケストラと契約を結んでいます。

映画『のだめカンタービレ最終楽章』に主演した、野田恵役の上野樹里のピアノ演奏を演奏したのもラン・ランさんです。

ラン・ランさんは、1982年に遼寧省瀋陽に生まれます。

祖父が音楽教師で、父も中国の伝統楽器・二胡の演奏者であるという音楽一家に生まれたラン・ランさん、幼いころから才覚を現します。

2歳の時にアメリカのアニメ「トムとジェリー」を見て、トムが「ハンガリー狂詩曲第2番」を演奏したシーンに引き付けられて、ピアノに興味を持ち始めたそうです。

3歳のときに瀋陽音楽学院でピアノを学び始め、5歳で東北地方の少年児童ピアノコンクールで金賞を受賞、9歳のときに、3000人の受験生の中からトップの成績で中央音楽学院付属小学校ピアノ科に進学します。

そして14歳でアメリカの名門校・カーティス音楽院に入学し、ゲイリー・グラフマン院長に師事、その推薦でプロのピアニストへの道を歩み始めました。

ラン・ランさんの父は、9歳の息子を北京に進学させるため、ふるさとを後にして一緒に引っ越します。

残された母一人が一家の生計を立てるために働き、家族三人が10年にわたって離れ離れでした。

幼ラン・ランさんは母に会えないつらさに耐えて、ピアノに励みます。

そして14歳のとき、中国交響楽団の誘いを受けて当時の江沢民国家主席が出席した音楽会でピアノの独奏を披露し、「中国のモーツァルト」といわれました。

ラン・ランさんは現代を代表する天才ピアニストとして、世界各地で有名な指揮者やオーケストラと共演し、また多くの音楽祭や海外都市でリサイタルを開き、スター街道を突き進んでいます。

また、年間25回ほどのチャリティー公演をし、ユネスコの親善大使を務めています。

スポンサーリンク

ラン・ランさんの結婚相手はピアニストのジーナ・アリスさん

2019年の6月2日、中国の国宝級ピアニストである36歳のラン・ランさんは、ドイツと韓国のハーフである24歳のピアニスト・ジーナ・アリスさんと、フランスのヴェルサイユ宮殿で、結婚式をしました。

アリスさんの正式なお名前はジーナ・アリス・レドリンガー(gina alice redlinger)です。

1994年にドイツのヴィーススバーデンで生まれました。

ハンブルグ音楽演劇大学卒業というこちらもエリートです。

4歳からピアノを始めて、8歳からピアニストとしてステージに立ちました。

8歳の時にスタインウェイ・フランクフルトが主催するコンサートでハイドンのピアノ協奏曲ニ長調を演奏し大きな反響を呼ぶと同時に、スペインやフランスでも活動を始め、国際的なピアニストに。

2009年には初めてのソロコンサートで高い評価を獲得しました。

ハーフゆえにドイツ語と韓国語が話せるのはもちろんのこと、英語やフランス語、今では中国語も流暢に話せるそうです。

ラン・ランさんとジーナ・アリスさんのなれそめは?

二人が出会ったのは数年前。

ジーナ・アリスさんもラン・ランと同じくニューヨークでゲイリー・グラフマンに師事していました。

ゲイリー・グラフマンはホロヴィッツの弟子で、ラン・ランやユジャ・ワンを育てたことで有名です。

同じ師匠についていたことが2人の出会いのきっかけとなったようです。

12歳の年齢差はあるものの音楽という共通の話題もあり、親しくなっていきました。

ラン・ランは最初に会った時からジーナ・アリスさんに好感を持っていようで、

「恋愛面で、われわれは運が良かった。2人とてもお似合いで、生活面だけでなく音楽でも魂のパートナーだ。」

「数年前にベルリンで出会って、彼女のすばらしい才能と眼差しに引かれ、美しい顔立ちや大きく清らかな瞳がとても印象的だった。」

「まさに一目ぼれだった。」

「たぶん、運命の出会いだったのだろう」

と話しています。

ロマンチックですね〜!

まとめ

いかがだったでしょうか?

女優の土屋太鳳さんと、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品さんと中国出身の世界的なピアニスト、ラン・ラン(郎朗)のプロフィールや経歴、ご結婚されたジーナ・アリスさんについてお伝えしました。

3人で共演する動画についてはこちらをご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました