スポンサーリンク

タピオカミルクティー1杯角砂糖20個分の根拠や理由(とくダネ)

タピオカミルクティー1杯角砂糖20個分の根拠や理由(とくダネ) メディア

こんにちは!

みなさん、タピオカ好きですか?

ずいぶん前に一度ブームになりましたが、このところブーム再燃、しかもずいぶん長く続いていますね!

ところが今日のとくダネでこんなことが言われたそうで、話題になっています。

スポンサーリンク

タピオカミルクティーの甘さは角砂糖20個分!

7月29日のとくダネで、タピオカミルクティーの甘さは角砂糖20個分!

という話が出たため話題になっています。

タイでは糖分過剰警告らしいですね。

日本は大丈夫?ということで、ずいぶん煽ってますね〜。

たしかにタピオカミルクティーってミルクティー自体めっちゃ甘いですし、タピオカ自体もそもそもタピオカデンプンってことで炭水化物ですし、タピオカは保存する際砂糖水に浸けておくのでまぁそりゃあ甘いですよね。

それを言うなら市販のミルクティーがそもそも甘すぎてやばいという話になりそうです。

そして、スタバとかも十分やばい気がします…。

ちなみにコーラは角砂糖15個分、ごはん1杯は角砂糖20個分らしいです。

そしてテキーラは1杯角砂糖4個分らしいので、もはやよくわかりません…。

糖質を角砂糖で換算すること自体がナンセンスという意見もありますが、飲み過ぎがよくないのには変わりないので、ちょっとした注意喚起にはいいのかなと思います。

少なくとも、どれも食べ過ぎ、飲み過ぎはよくないということですね!

スポンサーリンク

角砂糖20個分の根拠

これの根拠がよくわからなかったので調べてみました。

どうやらタピオカミルクティーに含まれる炭水化物の総量から糖質を計算、それを角砂糖に換算しているようです。

タピオカならではの太る理由や危険性

ということで、角砂糖換算すると甘い飲み物は基本的に全部やばいので、タピオカならではの危険性をまとめてみました。

タピオカはほぼ糖質で構成されている

タピオカは、ほぼ糖質で構成されていて、いわば「糖質の塊」です。

タピオカは、タピオカデンプンですからね…。

さらに、ビタミンやミネラルは含まれていないそう。

タピオカの売りのモチモチ感はアミロペクチンという成分によるものなのだそうですが、問題は、この成分は消化吸収が早いため、血糖値を急に上げやすいらしいそうです。

ガムシロップでより糖質の過剰摂取に

タピオカミルクティーの甘さはガムシロップでつけていることが多いです。

さらに、タピオカは保存のためにガムシロップに浸けて保存します。

市販されているガムシロップは、ただの砂糖水ではなく、ブドウ糖果糖液糖など「異性化糖」という成分からできています。

異性化糖は口当たりが爽やかなので、過剰な甘さを感じにくく、スルスル飲めてしまうそう。

異性化糖は肥満や糖尿病の原因を作っている甘味料といわれ、現在世界中で問題視されています。

タピオカミルクティーは、異性化糖とタピオカでダブルに糖質をたくさん摂ってしまうことにもなるので、血糖値が非常に上がりやすく、最悪の場合「血糖値スパイク食後に血糖値が急激に上がること)」を起こしてしまう可能性すらあるそうです。

タピオカミルクティーがブームな理由

タピオカミルクティー、そもそもなんで大ブームなのか知っていますか?

答えは、誰が作っても同じ味になる、すぐできる、そして原価が安いから!

都内ではタピオカ専門店は飽和状態ですが、埼玉など少し郊外に出れば、移動販売などバカ売れするそうです。

一杯あたりタピオカが10~20円、紅茶は茶葉からとっても5~10円、それにガムシロップ、牛乳、容器やストローなどを計算に入れても、原価は20%くらいで済みます。

タピオカミルクティーってけっこうなお値段しますよね。

だいたい一杯500円くらいはします。

昔からあるタピオカミルクティーのお店は比較的安価ですが、最近乱立しているタピオカ専門店のタピオカミルクティーは1杯500円は下りません。

一日の売上は300杯なら15万円、利益は人件費を引いても一日10万円前後になります。

すごいですよね…!

まとめ

いかがだったでしょうか?

大ブームには裏があるんですよね。

とはいえ、私もタピオカミルクティー大好きです!

たまにどうしても飲みたいときあります。

でもやっぱりたまにがいいですね!

タピオカミルクティー、実は作るの簡単なので、今度記事にできたらいいなと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました